酒場スタッフの独り言(DQ10 攻略、金策ブログ)

グレン2丁目雲上地区2番地での酒場運営日記 (プレイ日記、金策、強ボス、攻略などなど)

カテゴリ: 考察・メモ


ひさびさに実家に帰ってきて飲んだくれております。
お酒びっくりするほど弱いんですがね。
こんな時間に帰ってきて酔った勢いでブログ更新しちゃいます。
実家の犬に吠えられるんです。


皆さんレベル上げ進んでおりますでしょうか。
Ver2からは12週に1度のVerアップということなので、
12月5日から数えて今4週目が終わったところ。
全カンストを目指すならペースとしては4職以上はカンストしておきたいところですね。


めたきん


そういう私はまだ戦士とパラディンしかカンストしていませんので、既にケツに火がついている状態であります。
メタキンコインはパラディンで使用いたしました。全て1匹でした。


jpg large

余談も余談ですが、メタルキングをみやぶるとこんなメッセージになります。
ずいぶん前からネット上では流れていたのですが、このコインのおかげでようやく自分の目で確かめることができました。
縦読みで「まさゆき」となっています。
DQ9をプレイしていて、地図のすれ違い通信をしていた方はピンとくると思いますが、
DQ9にはランダム生成されるダンジョンの地図をすれ違いで交換できる機能があったんです。
そのダンジョンでメタルキングしかでないフロアの地図がまさに「まさゆき」さんの所有する「まさゆきの地図」なのでした。
すれ違いで全国を飛び交う地図は社会現象にもなったと記憶しています。
図鑑製作者さんの遊び心が感じられる素敵なメッセージだと思います。
「まぼろしの経験値」って何やねんという無粋なツッコミはなしで。




しょうがないなぁのびt のびたくん?
立派になったねえのびt のび太くん?


戦士パラディンはその後メタスラ回しでレベリングを行いました。
おそらく旅芸人レンジャー賢者もメタスラ回しで終わらせます。

武闘家魔法戦士はピラミッド、盗賊まもの使いはレア狩り、
魔法使い僧侶はエモノ呼びバザックスや、スカラベキング、
スパスタもスカラベあたりでしょうか。

バトルマスターは酒場に預けております。(いつもお借り頂いてありがとうございます)


それぞれ足りない分は再びメタスラ回しを考えております。
メタスラ大好きなんです。
中毒。

それぞれメタスラ回しでなくても選択肢はあると思います。
むしろ経験値効率だけでいったらメタスラ回しはそこまで美味しい部類には入らなくなってきました。
戦士などでもエモノ呼びバザックスに席があるようですし。



自分が楽だと思う方法でレベル上げできるに越したことはありません。
LV75を超えた僧侶がタコメットでレベル上げしても全然アリだと思います。
自分はやりませんが。

事例1




さて、そうはいってもレベル上げです。
目標やモチベーションがないと中々続かないのも道理です。
私は毎度カンスト後のスキル振りを先に考えてから、それを目標にレベル上げを行っています。



両手剣、棍 型


両手剣、こん
クリックするとわりと見やすくなります


LV80(スキルポイント170)前提での割り振りです。
特訓は必要ありません。
LV75カンスト時点の割り振り案( )から、さらに両手剣と棍が使用可能になっています。
棍はコロシアムでのなぎはらいが強力ですし、ピラミッドでも防御力の高い敵にかなり重宝します。
両手剣は戦士やバトマスに新たな戦略を追加できますし、「聖王の大剣」は聖王シリーズの中でも群を抜いて性能がいいので、今から始めるにはうってつけの武器だと思います。
相性のよいバトマスの天下無双も打てるように調整しています。

棍の「天地のかまえ」を取りたい方は特訓ポイント6ポイントを取得することで、覚えることも可能です。
職は何でもいいので6ポイント得るだけですので、割とハードルは低いと思います。



斧、弓 型

斧、弓
クリックするとわりと見やすくなります

LV80(スキルポイント170)前提での割り振りです。
特訓は必要ありません。
LV75カンスト時点の割り振り案( )から、さらに斧と弓が使用可能になっています。

こちらはレンジャーや魔法戦士特化型ともいえます。
斧戦士はピラミッドで存在感を大きくしていますね。
両手剣が使用できないので、バトルマスターの天下無双は外してありますが、例によってどの職でもいいので特訓ポイント6ポイントためることによって使用可能になります。


両手剣と斧、弓と棍がバッティングするので、これらを両立させようとするとそもそも不可能か、あるいは根本的に武器や職業を1種類以上諦める必要が出てくるので、あまり効率的なスキル振りとは言えなくなります。

自分の好きなスキル振りがもちろん一番ですが、
最終的な割り振りの一助になればと思います。





どこよりも早いVer2.1スキル振り考察

こっからは完全に趣味です。
前提も曖昧なので妄想に近いのですが、現段階ではこんな事を考えています。

Ver2.1

前提として下記を考慮します。
  • LV85(スキルポイント180)まで解放される
  • 新職業が追加される(ブーメランに振れる)
  • できる限り職固有スキルは130にする
まず、Ver2.1ではスキル解放があり、スキルポイントは130まで振れるようになります。
新職業が一つ追加されますが、現在2職しか扱えない ハンマー・ブーメラン・槍 はスキル振りできると思いますので、そこからブーメランをチョイスしています。
やってみて思ったのは、かなり武器種を制限されるなぁということ。

たった30上がるだけでも、それを網羅するとかなりキツいです。
職業を何種か諦めて、前衛や後衛に特化する時代が来るかもしれませんね。





 
 
↓ということを朝の4時から書き始めたのですが、酔っ払ってるとえらいペースが早いです。
誤字脱字が心配ですが、今後書くときは酒飲んでからでもいいかもしれませぬ。
今年は毎日更新するぞ!の意気込みで既に1日飛んでしまっているブログを応援して下さる奇特な方は下のランキングバナーをクリック、クリックぅ。

 ばなー
人気ブログランキングへ



ざぼさん


カジノをプレイしててこう思ったことはないでしょうか?

 「あぁ、なんてツイてないんだ・・・」

 「あぁ、あそこでやめていれば・・・」

 「あぁ、確実に当たる方法ってないんだろうか・・・」




----------------

生来ツキのない私は現実世界でもギャンブルの類は一切しないのですが、
DQだとついついプレイしてしまいます。
そして案の定コインは無闇に飲み込まれていきます。



1,000枚の壁

amarecco0050


スタートが1,000枚という都合上、それ以上の景品を得ようとすると、
一発大きくかけて、外れればもう1回1,000枚買って・・・という方法が一般的です。
というか、これしかほぼ道はないです。

私もルーラストーンやキメラはこの方法でゲットいたしました。
外れるたびに消費されていく2万ゴールド。

私のまわりでも破産者が続出し、
アストルティア全体で見ても 金が無い→物が売れない の
デフレ状態に落ちていっています。

ますます現生(ゴールド)がモノを言う世界で、
どうにかして安定して稼ぐ方法はないものなのだろうか・・・。



ルーレット

amarecco0242


もし安定の道があるなら・・・
配当にばらつきのある「スロット」「ポーカー」ではなく
自分で配当の額を決められる「ルーレット」にこそ道があるだろう。
これはカジノが実装されるVer2以前から当たりだけはついていました。
実際にはテンション効果や、「スロット」のメタルスピン、
「ポーカー」のダブルアップ中に発生する宝箱システムなどで、
ある程度勝負どころを決められる(≒配当を調整できる)ように
なってはいますが、それでもランダム要素がかなり強い。

やはり、ある程度理屈で稼ぐなら「ルーレット」が相性がよさそうです。




調査開始



ではルーレットには何か傾向があるのか?

実際にカウントしてみました。
一次情報は足で稼ぐ。
でもさすがに1回1分だとして1,000回カウントしようとすると1,000分。
んなことやってる間に金策してぶん回した方がはやいでおっさん。
ってことで、ある程度は各テーブルの履歴を見ることで妥協しました。


amarecco0242

ここですね



その集計がこちら。(1000回)

ざぼさん
(集計おかしくなってたんで差し替えました。くらすたさんありがとう!)


思ったよりも偏りがありますね。
一見法則もないただの偏りのようにも見えます。
しかし、この結果を実際のルーレットテーブルに当てはめると
面白いことがわかってきます。

amarecco0050


これをさらに分かりやすくするために、
数の大小にて濃淡をつけます。

ざぼさん

おわかり頂けただろうか・・・。
あきらかに真ん中のラインにはインしない傾向になっています。
これはどういう事かというと「フラワーベット」対策だと思われます。



ざぼさん

ルーレットをされた方は、図のような賭け方を一度は目にされた事があると思います。
花びらが開くような賭け方から「フラワーベット」と言われる手法で、
真ん中の数字があたれば144倍の配当、
また、周りのどの数字がきても9~36倍の配当となり
当たる確率と高配当のバランスの良さから人気の賭け方となっております。

この賭け方をしていて、何がうれしいかというと
  • 「花びらの中心にボールがくること」
  • 「その中心が真ん中の列にあること」
になります。

「フラワーベット」の手法上、端っこだとその肝心の「花びら」が潰れてしまい、
効果を最大限に発揮することができません。


ざぼさん

これだと同じ「フラワーベット」でも当たる確率も倍率も下がってしまいます。
ですのでディーラー側としてはありがたく、配当が最効率化する真ん中の列での当たりは避けたいということになります。



ざぼさん
上列:362回
中列:262

下列:376回

表を見て分かります通り、上と下の列がでの当たりが多く、あきらかにフラワーベットが避けられています。
そして、そのしわ寄せが34~36というフラワーベットが最も活き難い場所(右端)への集中として現れています。

これは仮説ですが、玉はあらかじめ入る場所が決まっているのではなく、
ある程度賭けられているところからの逆算でプレイヤー側の儲けが少なる形で決定される傾向があるのではないかと。
逆にその調整がないとコインの流通量を運営側が管理できなくなり、カジノの景品が氾濫してしまう危険性が生まれるため、調整なしは考え難い








と、いうことでこの調整の逆を突かせてもらいます。




ざぼさん

かける場所は34~36の1列一点突破!
統計でみて、なんとこの列だけ他の列と比べて2~3倍は当たりやすいのです。
これだけでもただ闇雲に賭けるよりはかなり有利な状態になったと思われます。


が、まだ甘い。
いくら2~3倍だとしても、あくまで統計からの逆算。
まだまだ運に頼るところが大きく、
理想として掲げている「安定して稼ぐ」にはほど遠い。
どうにかして、コンスタントに稼ぐ方法はないものか・・・




安定した稼ぎ方

安定して稼ぐ。
つまりそれは大当たりでも小当たりでもなく、
常に一定額が儲かるような仕組みということ。

そして「ルーレット」は「スロット」や「ポーカー」にはない
 配 当 の 調 整 が で き る
・・・






ざぼさん

その時、サワッチに電流走る・・・!



ルーレットは配当の調整ができる!


それはつまり、常に一定額儲かるように賭ける事ができる!
当たり前の事を言っているようですが、
例えば200~300枚を常に儲かるように賭け続ければ、コインが続く限り絶対に負けないということ。


-------------------------
「マーチンゲール」法という有名な賭け方があります。
2倍の賭けを行うときに、負けたら掛け金を2倍にして繰り返す手法です。
この手法は資金が無尽蔵なら理論的には必ず勝ちます。

1 → 2 → 4 → 8 → ・・・

このように倍々に賭けていき、どこかで当たれば合計「1」だけ儲かっているという手法です。
ただ、確実に勝てるならカジノなんて商売は成り立っていません。
この手法には明確な弱点がいくつかあるのです。

  • 倍々にかけていくので資金が足りなくなる可能性が高い
  • そもそもカジノでは掛金に上限があり無尽蔵にかけられない
  • そんなリスクを負っても「儲けは1」

などがあげられます。
-------------------------


話を戻します。

「統計的に当たりやすい34、35、36のラインを使って、
当たれば一定額(200~300)枚儲かる手法」
 
なら

マーチンゲール法の弱点を全て克服し、かつ、かなり安定して儲け続けられるのでは・・・


実際に計算してみました。





ざぼさん

購入限度の1,000枚からスタートです。
儲け200~300枚を出すのに、何と18回もプレイできます。
18回中いつ当たっても200~300枚の儲けとなります。
ラインは全部で12本あるので、当たる確率は1/12なのですが、
先ほどの調整を利用しているので、実際はもっと確率はあがります。
その状態で18回賭けることができます。


amarecco0050

36倍掛金とはここの事です。
表で「10」となっているところは34・35・36のマスに10枚ずつ賭けることを意味しています。
(20なら20枚ずつ)




amarecco0050

12倍掛金とはここの事です。
表で「10」となっているところはこのラインに10枚賭けることを意味しています。

注意すべきは「儲け」のところで、ここがとにかく200~300の間で推移するように掛け金を変更します。
当たったら開始枚数を変更して、また表の1から順番に賭けていきます。
(そこまで厳密にやらなくても大丈夫ですが、私はエクセルを利用しています)


この手法を仮に「サワッチ・メソッド・プレイング」と呼称いたします。
略して「SMプレイ」です。






ざぼさん


運よく2回目であたりました。
当たったら今度はその枚数をもってまた始めから賭け直します。



ざぼさん

ここで注目して頂きたいのは施行可能回数が20回と前回の18回よりも2回も増えている点です!

1000枚で200~300枚狙うのと、
1300枚で200~300枚狙うことの差から生まれるもので
枚数が多くなるほど試行回数が多くなるのは当たり前ではあるのですが、

つまりこのシステムは
当たれば当たるほど、次はさらに当たりやすくなる
といった好循環システムなのです。


実際に使用してみました。



ざぼさん

~SMプレイ中~



ざぼさん

~SMプレイ中~



ざぼさん

~SMプレイ中~




ざぼさん



3000枚を超えてきました。
ちなみにこの時点で施行可能回数は29回
29回投げて、入りやすい一番右端のどれかに1回でも入ればいいことになります。
ものすごい安定度です。

ただし、このSMプレイ。
唯一の弱点は時間がかかることです。

一気がけならものの数秒で到達するこの3000枚ですが、
「SMプレイ」では1時間かかっています。


これはもうどちらが向くかという話になってきます。

コツコツ確実に増やしたいか・・・
それともお金がかかってもいいから一気に増やしたいか・・・

今までは後者の方法しかありませんでしたが
この手法によって前者への道に一石を投じられたのではないかと思います。


またこの「SMプレイ」。
さらに応用がきくのです。

ざぼさん
写真に意味はありません

必ず200~300枚儲けるようにかける。
別の言い方をすれば「それまでの損を回収しつつ200~300の利益を出す」ということになります。

つまり後半になればなるほどそのリスクは高まることになります。
そこで、自分の中である程度のラインでリセットして、
もう一度最初から賭け直し始めるようにする手法に変更することもできます。

いわゆる「損切りというやつです。

これができると一気に負けることは絶対になくなり、さらに磐石な体制となりますが、じりじりとコインが減っていくかもしれないリスクもうまれます。

さらにマイルドな形にしたこの応用技を仮に「ソフトSMプレイ」と呼称します。



逆にある程度儲けて200~300枚の儲けのラインから
例えば400~500枚の儲けのラインへシフトチェンジする方法もあります。

これはコインの増えるスピードは早くなりますが、試行回数が減り安定性は落ちます。

この攻めの形にした応用技は「ハードSMプレイ」と呼べると思います。



何の話だ。







以上が安定して儲ける手法として考案させて頂いたものの全てになります。
ちなみに今でこそ数字に関わる仕事をしていますが、元々文系の出。
学生時代は作者の気持ちを15文字以内で考えさせられていました。
理論に穴があってもゆっるしってね~んv( ̄∇ ̄)v


↓押して頂けるとランキングがあがりモチベーションもダブルアップです。
やり方に関して、わかりづらいところもあったと思いますので、動画をとって貼り付けてみたいと思います。
 ばなー
人気ブログランキングへ


Ver2より実装されました「まもの使い」。
こちら仕様が些か不明瞭だったため、
まもの使いの「使い方」として考察、メモを書いてみたいと思います。
 
 
1.スカウトの書の使用はレシピと同じ扱い

 一時期は仲間にする度に必要と言われていましたが、こちらは一度の使用で何匹でも仲間にできます
 

2.同じ種類を何匹でも仲間にできる
 別れなくても、同じ種類のモンスターを仲間にできますでの「性格」の厳選ができます

 
3.モンスターの性格の影響は不明

 ただし、その「性格」は今のところ影響するところは見つかっていません。
 ステータスも同じです。

 
4.LV50で転生ができる(5回まで)
 若干の基礎ステータスの上昇とスキルポイント+10の状態で
 LV1の状態に戻せます。
 また覚えられるスキルの種類を2種類追加できます。
 スキルポイントは初期が最高69、5回転生で119になります。
 

5.連れ歩きも待機も得られる経験は同じ
 図鑑記載経験値から約30%の経験値が入ります。
 超元気玉を使用した時のみ2倍になります。
 

6.迷宮でも待機のモンスターに経験が入る

 つまり、メタスラ回しなどでも仲間モンスターに経験値が入ります。
 しかし、なつき度が100にならないと多職では待機にすらできません。
 

7.最優先はなつき度を100にすること
 仲間モンスターを待機状態でプレイヤーキャラのレベル上げをすることが
 モンスター育成においては非常に重要になってきます。
 なつき度を上げる方法は仲間モンスターを連れ歩きで「同格以上」のモンスターを倒すと上がります。
 


じばり

手を出さない方が良さそうだ>かなり強そうだ>強そうだ>同格>格下
 

 かなりバラつきがあるため、確定ではありませんが「手をださない方がよさそうだ」のモンスターに手を出すと上がり易い感じです。
 




<かなり強そうなタコメット30分>

amarecco0050



ざぼさん

なつき度:6ポイントGET
 



<手を出さない方が良さそうなベホマスライム30分>

 
amarecco0050



ざぼさん

なつき度:10ポイントGET



*なお格下相手では、ほぼ全くと言っていいほどあがりません

倒した数は同数ほどで、上がり方にはかなりバラつきはありますが、差はあることは間違いなさそうです。
その武器の特攻のモンスターなら上がりやすいという話もありますので、別途調査したいです。(ツメなら機械系)
LV40までならライノス先生が「手を出さない方が良さそうなモンスター」ですが、嫌でも「まもの使い」のレベルは上がっていくと思いますので、LV50で特訓に変えた場合の「手を出さない方が良さそうなモンスター」でオススメのものをピックアップしてみました。
 
 

~LV50で特訓にした場合~

 
  • メッサーラ(討伐)
  • せつげんりゅう(討伐、単体沸き)
  • アモデウス(討伐、ビーナスの涙、転生)
  • ファンキードラゴ(討伐、竜のおまもり)
  • フォレスドン(討伐)
討伐やその他の付加価値がついているものをピックアップしました。
比較的沸きも早いです。
討伐を気にしないなら恐らく最速は「トロル」になると思われます。
 
 
 
~LV80で特訓にした場合~
 
ちなみにLV80で「手を出さない方が良さそうだ」のモンスターは
だいまじんと一部の転生モンスターしかいません。(新大陸は未確認)
ここまで上げきってしまっていると、なつき度あげがかなり大変になります。
同格などの相手でもなつき度はあがるので、ペースは落ちますがなつき度上げ自体は可能です
 
 
まぁ、これは修正が入ると思います。
低レベルの方が有利であった「特訓システム」も現行のターゲット方式に変更になりましたし、レベル上げの阻害になるようなシステムは外してくると思います。
新しい仲間モンスターもどんどん追加されますし、いつまでも「まもの使い」を低レベルのまま置いておくわけにもいきませんしね。
 
 
 
8.「えものよび」の応用
 
新たに対象のモンスターを増やす「まもの使い」のスキルです。
同画面に5匹まで、最大Lまで呼び出せます。
これを利用したえものよびバザックスなどがあり、玉給で20万ほど出るようです。
ただ、これは上記のなつき度から考えると
もう、なつかせたい仲間がいないか、そもそも仲間モンスターシステムを重視していない人くらいしか参加できないので、中々門戸は狭い感じです。
 
その他にも単体で沸きのばらつきのあるモンスターのレアアイテム収集にかなり役に立ちます。
例えばキマイラやキンリザのレシピや、おにこんぼうの「ラッキーペンダント」なども現実的に狙えるようになりました。
またボストロールの「ちからのゆびわ」なども、この手法だと非常に楽になります。
 

 
総括してまもの使いは本人も多方面に席があり、仲間モンスターも準備はいるもののついでで育てられる良コンテンツだと思います。
仲間モンスターは現在は特化型が強いといわれています。
物理・壁のできるバトルレックスと呪文のねこまどうが頭ひとつ抜けているといっていいと思います。
ただ、実質的に必要になるモンスターバトルロードまでまだ時間は1年近くありますし、その間に転生キャップの開放や新仲間モンスターも出てくると思いますので、自分の愛着のあるキャラを育てるのが現状では一番だと思います。






かわいい


↓何が言いたいのかといえばうちのプワッチかわいいという話。
 ばなー
人気ブログランキングへ



amarecco0050
音楽が感動します

さて昨日の記事でもさらっと触れましたが、ピラミッドにはまっております。
ピラミッドは全部で6つの部屋から構成され、
1が一番易しく、6が最も難しくなっています。
各階をクリアすると、1週間に1度未鑑定のアイテムが手に入りますので、NPCのヤヨイ(ピラミッド内)に鑑定してもらいましょう。
なおアイテムには当たり外れがあります。

<アタリ>

 アクセサリー(ブローチ6種)

<ハズレ>
 飾り武器防具
 きんかい、ゴールドストーン、おうごんのかけら

飾り武器防具は店売り価格で5,000G。
バザーでも軒並み5,000Gくらいですが、ツメは比較的高く取引されています。



ピラミッド基本情報

  • 受注はLV60から
  • アイテムが出るのは1~6層クリア時で1週間で最大6個手に入る
  • どこの階層でもレアが出る確率は同じ
  • アイテムは日曜の朝6時に再び入手できるようになる
  • 敵は複数体で連続で出現します(一定間隔)
  • 敵の現れ方はある程度固定されているもののランダム

やられてもペナルティなどはありません。
強ボスと同じように全滅状態で部屋の外に出されます。
このため挑戦するなら人の多いサーバー1などをオススメします。
(ただし、時間によっては滅茶苦茶重いです)

また、ピラミッド初挑戦のプレイヤーがパーティにいると
報酬が「アクセサリー」か「飾り武器防具」のどちらかになります。
既にその階層でアイテムをとっている人は無効です。ご注意を。
アクセサリーがかなり出易いとのことで、ここで飾り武器防具を引くと悶絶します。





amarecco0050

amarecco0050

amarecco0050
amarecco0050





ざぼさん

悶絶





4層以降の攻略

以下はつまりやすい4層以降の攻略になります。


amarecco0050

全ての階層で最初に出てくる「秘法の使い魔」
バフ、デバフを撒くので優先的に倒しましょう。



<第4層>

amarecco0050
(雑魚はモデルのモンスター名称です)

ボスはパワー系ですが、ステージ自体は呪文主体で構成されています。
隙をみて魔結界を貼るだけでだいぶ難易度が変わります。
メダパニーマがやっかいなので混乱耐性は必ず欲しいところです。
(同ステージでは麻痺耐性も欲しいですが、出現数が段違いなので混乱優先)

また、ドルマドン、マヒャデドスのどちらも軽減できる事から「ロイヤルチャーム(旧ロイヤルバッジ)」は是非とも装備しておきたい所です。
敵が残り1体になったら、すぐに倒してしまうのではなく、
HP、MPの回復や魔結界の更新を行ってから倒すことでより安定して戦えます。
ボス単体になってしまえば、SHTにさえ気をつけていればそれ程こわい相手ではありません。



<第5層>

ざぼさん
(雑魚はモデルのモンスター名称です)

全ての敵が高い攻撃力を持ち、なおかつ痛恨の一撃を頻繁にかぶせてくるステージです。
盾が装備できるキャラは必ず「会心完全ガード」をしておきましょう。
また、てっこうまじんが非常に堅く、その上スクルトまで使ってくるので、
倒しきれない → 敵が溜まって全滅 のパターンになりやすいです。
呪文か、打撃の場合はスクルトはできるだけ解除して出し惜しみなしで倒しきりましょう。
その他の注意点はトロルの使う「ガリバーハンド」。
体が小さくなり、HP・攻撃力・防御力が減少し、時間がたたなければ治りません。
特に問題なのが攻撃力の減少で、敵の殲滅スピードが落ちて上記の悪循環に陥りやすくなります。
範囲攻撃ですが、かなり狭いので距離をあけてできるだけ避けてしまいたいところです。

ボスはバイキルトとムチ攻撃がやっかいです。
バイキルトがかかったままだと一撃で全滅することもありえますので、必ず解除しましょう。



<第6層>

amarecco0050

5層までは武、武、魔戦、僧の完全物理でも問題はありませんが、
6層では今まで以上に堅い雑魚や、ボスが完全ガードを使用するので魔法も織り交ぜた方が無難です。
(ごり押しで倒せないことはありません)
よく見かけるPT構成には 武、魔戦、賢、僧 や、 レン、魔、賢、僧 などがあります。
途中で出てくるシュプリンガーのバイキルト対策でゴールドフィンガーや零の洗礼は是非とも欲しいところです。
また、バロンナイトの使用してくる「ふういんのはどう」は特技を封印してくるため、物理アタッカーなどがかかるとかな致命的です。
封印ガードで防げますので、これのために封印Gを購入してもいいと思います。
物理職の封印Gはここでしか使わないので、失敗品扱いでめちゃくち安い装備がバザーにゴロゴロ置いてあります。
あとは、とにかく殲滅を急ぐことです。
全ての敵が堅く、タフネスもあるのですぐに敵が溜まっていってしまいます。

ボスはメカバーン型のルドラとガイア型のラーになります。
2体ともかなり堅いので、まともなダメージを与えようとすると呪文か固定ダメージをおススメします。
ボス自体は単体ではそこまでの強さではありません。
ただし、ラーの方は結構な頻度で序盤に雑魚と混ざって出てきたりします。
そうなったらかなり厳しい戦闘となります。(私もまだそのパターンでは勝ったことはありません)



  

6層クリア動画です。
構成は武、魔、魔戦、僧です。
よろしければ参考まで。




↓いつもポチっとありがとうございます。6層はかなり難しいですが、毎週アクセサリーのチャンスがひとつ増えるので是非とも挑戦してみて下さい。まぁ、はずれる時は思いっきりはずれるわけですが・・・。
 ばなー
人気ブログランキングへ



海軍大佐
新装備楽しみですね


さて気が付けばバージョンアップまで残り1週間。
最近はLV上げの最後の追い込みに入られている方も良く拝見します。
レベルがカンストしている人はコロシアムに入り浸ったり、アクセサリーを揃えたり、金策をしたりと多種多様です。


amarecco0014

では、バージョンアップ前に何ができるのか。
メリットとリスク、両方の面から考察していきたいと思います。



レベル上げ

まずは王道のレベル上げ。
こちらのメリットとリスクについては以下のようになります。

メリット
  • 新Verでのレベル上げ負担が減る=他のコンテンツに時間が取れる
  • バザックス、スカラベキング、など比較的楽に上げる方法がある
  • メタスラ回しで「みのがす」が使えるなどの仕様面での有利がある

リスク
  • 新Verでさらに効率的なレベル上げの方法が生まれるリスク
  • エンゼルスライム帽などのシステム面での恩恵から外れるリスク
  • 今後は「香水」など付加価値をつけてレベル上げができるようになる

今レベル上げを頑張る理由としては、新Verのコンテンツをスムーズに遊べるといった点が大きいと思います。
逆にLVが40に満たない職がある場合は、新Verからのエンゼルスライム帽を利用してのLV上げに回した方が効率的と言えます(サポ借りでも可能)。
「香水」の手に入りやすさにもよるのですが、「転生」を狙いながら、「レア」を狙いながら、また「トルネコ・ミネア」を狙いながらLV上げができるのは次Verでの大きな利点ですし、そもそもバザックスやメタスラ回しなんて目じゃないレベル上げ方法が確立される可能性も十分あり得ます。
カンストするのに越したことはないのですが、ここらへんを天秤にかけてどこまでレベルを上げるのかを決めてみてもいいかもしれません。






amarecco0014


金策

続きまして金策。
新コンテンツには何といってもカジノがありますから、お金はあればあるだけうれしいものです。
ただ、こちらも今することでのメリット、リスクがあります。

メリット
  • 新Verでのスタートダッシュがきれる(職人、カジノ)
  • 金策にかける負担が減る=他のコンテンツに時間が取れる
  • 元手のかかるレベル上げも可能になる(メタスラ、はぐメタ)

リスク
  • 新装備待ちが発生していて装備が非常に売れ辛い
  • 仕様変更(討伐依頼等)による金策簡略化のリスク(インフレのリスク)
  • 投資のリスク(デフレのリスク)

お金は欲しいが地合いは悪いという話です。
職人をするにしろ今はよっぽどの売れ筋商品でもない限りは装備はサッパリ売れません。
あとは結晶装備がボチボチ動くくらいでしょうか。
そんな中での金策となると地道に稼ぐか、投資して稼ぐかといった話になりますが、投資はリスクは伴います。
コインはテコ入れがどう動くか分からないので非常に危険だと思います。
ただ、はぐメタなどは需要があるので当たればでかいでしょうね。
オーブなどの素材は次バージョンでの使用が明言されているのでこちらはある程度は騰がるかなと思います。
新システムが導入されたら強ボス回りに行く人は確実に減りますので・・・。
ただし、例えばカジノの景品など、他に手に入る手段が豊富に用意された場合は難しいでしょうね。



BlogPaint


amarecco0014

ちょうのはね28G

ちなみに私はもう懲りたので撤退しています。




アクセサリー集め

こちらはメリットとリスクの関係がいたってシンプルです。

メリット
  • 耐性装備を比較的安く揃えられる

リスク
  • 上位互換のアクセサリーが導入されるリスク

メリットは各種指輪での耐性を60%以上にしておくと、新装備を買う時に上級、中級、中級品の装備で100%耐性が2つできるため非常に効率的な買い物ができます。
これが耐性50%のままだと上級、中級、上級品を買う事になり非常にお金がかかります。(下手したら倍以上違います)

amarecco0014

おススメは「はくあいのゆびわ」です。
これだけボーナスでMP+5がついているので、軸にしたい指輪といえます。
また別格で「聖印の指輪」だけは別格扱いで揃えたい指輪です。
以前発売されたアトラスカードのついてくる攻略本(通称:アトラス本)にて僧侶とパラディンははじめから25%の即死耐性があることが明かされたからです。

つまり「聖印の指輪」で75%の耐性を得ることができれば、以後10年続くドラゴンクエストで僧侶とパラディンの装備では即死耐性のついている装備は一切不要となります。
これだけは是非とも狙っていきたいです。
ただし「しにがみきぞく」の転生の「シャドーノーブル」を出す必要があり、これは「香水」の出るVer2に回してもいいかもしれません。


デメリットは上位互換のアクセサリーが出る可能性が常にあるということです。
例えば「麻痺と混乱に50%ずつ耐性を持っている指輪」なんてものが出てきたら「まんげつリング」と「理性のリング」は用済みとなってしまいます。
まぁ、これは耐性アクセに限らずバトルチョーカーやソーサリーリングなどにも言える話で気にし始めたら何もできなくなってしまうのも事実です。
ただ、今回のような大型アップデート(特にカジノの京浜が判明していない)状態ではいつもより意識しておいた方がいいかもしれません。


その他

その他としてはコロシアムでのランクを上げたりなどもありますが、こちらは本オープンでランクは一旦リセットされてしまいます。
(ランクが上がればふくびき券が尋常じゃない量もらえるので損はしません)
また、クリアしていないクエを終わらせておくのもいいかもしれません。
災厄など期限つきのものもありますし、名声レベルが今後討伐隊以外でも使用される可能性は非常に大きいです。
こちらは新バージョンになることで起きるリスクはほとんどないので、今の時期やっておくことの候補の中では特におススメです。
2アカや最近始めた方は冥王を倒しておかないと新大陸にいけませんしね。

私もこの週末はクエスト回りをしてみるつもりです。


まずはドルボードの拡張から・・・。



また、最近はフレさんの興すイベントによく足を運んでいます。
昨日の記事のプランさんのイベントもそうですし、最近参加したのだと


o0758070612756096822

カプラさん(隣りのカプラさんち)主催のマッスルコンテストに参加したりしてました。

こちら全裸で参加し、観客の前でポージング&定型文でより筋肉を魅せつけた方の勝ちという、ご本人の趣味が1000%爆発した頭の悪い何とも楽しそうなイベントです。






amarecco0014


amarecco0014


amarecco0014


amarecco0014


amarecco0014


amarecco0014


amarecco0014





http://faceicon.dqx.jp/icon2/792/7923/79234/792341/792341593214.png
「サワさん、それめちゃくちゃ滑ってますけど、それでイベントでたんですか?」









amarecco0014








↓ポチっとおして頂ける数だけ、次への原動力となりまする。
あれ、なんか聞こえない?

ばなー<ヨロシクネ
人気ブログランキングへ

このページのトップヘ