酒場スタッフの独り言(DQ10 攻略、金策ブログ)

グレン2丁目雲上地区2番地での酒場運営日記 (プレイ日記、金策、強ボス、攻略などなど)

カテゴリ: その他


はい!
お久しぶりですネ!
Ver.3.1楽しんでおられますでしょうか!

新武器、封印の砂、不思議のカード・・・
モンスター同盟や新規宝珠に、新しい素材の高止まりでキラキラマラソンに精を出した方も多かったのでは?
新たな強敵としてキラークリムゾンも追加され一部のプレイヤーにて討伐され始めているようです。











喝ッッッッッ!!










そんなにあくせくコンテンツを消化したら一体どうなるか・・・
私達は学んだ筈ではありませんか・・・
コンテンツは有限・・・有限なんです!
新しい事をするのは楽しい、楽しいですが!
ここいらで一旦過去を振り返って、自らの基盤を固めてみても罰は当たらないでしょう。



jpg

jpg
喝ッ


アストルティアが生まれて早3年が過ぎ去りました。
3年前、Ver.1の頃はストーリー以外のコンテンツは何もありません。
この冥王一本で持たせていたのです。
その後、強ボスが実装され人気コンテンツとなり、
他のボスは話題になれど、冥王の存在はどんどん忘れられていきました。
満を持しての強ボスとして追加されるも、山を越え谷を越え、ラストダンジョンを越え、ようやくの邂逅となる立地の悪さは健在。
徒歩20分。築年数も古そうです。

強ボス達がこぞって強戦士の書に登録された現在も立ち退きを頑なに拒んでいます。
そんな冥王様。
3度の飯より冥王が好き!という方ですら「正気の沙汰と思えない」と漏らす。
そんなコンテンツです。

行ってきました。


------------------------------
-----------------------
----------------
--------
----


んでね。
実はこの記事は導入部分を除いて骨子はとっくの昔に出来てたんです。
普通にクリアして、まだまだこんなお楽しみコンテンツが盛りだくさんだよ!
皆Let‘s冥王★

・・・的なね。
そんな話にはならないわけ・・・。

だって正気の沙汰じゃないからね。
楽なわけでも、報酬がうまいわけでも、真新しいわけでも、特別に強いわけでもないからね!

「冥王に会う為ならどんな障害でも越えられる!」

今時アークデーモンでも言わないような事をサラッと言ってのける人用のコンテンツですよこれ。

というわけで何の啓蒙にもならず、残念ながらお蔵入り確定となっていたこの記事・・・



が。

動画を整理していて気付いた「ある違和感」
問題の箇所を抽出いたしましたので、まずは皆さんにもチェックして頂きたいと思います。







お気づきになられましたでしょうか?


背後にうっすら流れている音楽がラッカランなのは職人しながら動画編集していたためですので無関係です。
違和感の正体、それは・・・






jpg

台詞と口の動きが明らかに異なっている!

です。
いや、確かにこの長さのテキストに口の動きを合わせるなんて不可能だとは思います。
ただ、今回の場合明らかに口の動きが違う。
どこかの台詞だけ省略してしゃべっている様でもありません。
ただ、口の動きは比較的はっきりしていて、適当に動かしているようにも見えない・・・。


おやおや?
  • Ver.1から変わっていない
  • 不利な立地
  • ある程度の強さがないと見れないムービー
  • 基本的には1回見ればそれまでの露出の少なさ

これはひょっとしたら冥王から我々への隠されたメッセージなのでは?
ひいては運営側からプレイヤーへ、表だっては伝えられない思いの丈を乗せているやもしれません。
大胆にも隠されたこの隠し要素。
・・・紐解いてみようじゃありませんか。



~読唇術~

実際問題「音」による判断が取り除かれるとなると残るヒントはかなり限られてきます。
そこで、今回使用する方法として読唇術を選択してみました。

jpg
「あっ はい」

書籍や漫画などで割と散見される技術であるこの読唇術。
簡単に言えば「唇の動きだけで発言(会話)の内容が把握できる技術」であり、お前それどうやっても音聞こえてねえだろ!って場面の会話へのアンサーとして度々用いられています。

んで早速インターネッツでやり方検索してみたんですが・・・

しばしば「遠く離れた人の会話をすべて読み取るスパイ技術」として描写されるが、多くのフィクション作品で描かれるものとは異なり、「読話」によって読み取れる発話内容は極めて限定されており、極めて熟練した読み取り手(毎日のように読話を行っている難聴者のような)が、補聴器などから得られる情報を参考にしつつ、「読話」されていることを充分に理解してゆっくりと明瞭に話している発話者の正面で、しかも至近距離から読み取ったとしても、100%の内容を読み取れるものではない。
純粋に視覚的な情報から発話の内容を同定できる確率は、30%から40%前後とされている。
(Wikipediaより)

なんとこれだけお膳立てが整っても判読率は4割程
今までの読唇術神話が音を立てて崩れ去る瞬間でした。
幸いにもこちらは動画で何度も確認を取れる状況。
しかも真正面です。
何度もトライ&エラーする事で正解を導き出せるかもしれません。





更に分かりやすいように先ほどの動画をスローにしてみました。
(0.25倍速)


ここから主だった口の動きをピックアップしていきます。

jpg
① 唇が横に開く


jpg
② 更に横に伸びる「ぃー」系と思われる


jpg
③ 一転口をすぼめる


jpg
④ 口を小さく開く

jpg
⑤ 再び横開きへ

jpg
⑥ 口を若干すぼめる


jpg
⑦ 口を閉じる ためてー


jpg
⑧ 放つ 小さい「っ」が入りそう


jpg
⑨ 再び閉じる ためてー


jpg
⑩ 再び放つ 言い放つ感じで終了




jpg

「○ぃ○○ ○○○○○っ○○っ○!」

基本はこんな形でしょうか。
ここから背景、性格、立場、シチュエーションなどから冥王が我々に伝えたかった事を類推します。










1. 愛の告白


あいの

「いぃやぁ!愛してるっていって!」







3

実は本望は別にあった説。ほんもう。邪険にする主人公勢への訴えとして愛の力でゴリラになります。
最初の叫びは怪しいですが、後半の口の動きは完全にマジで一致するんで(心底)お暇なら確認してみてください。
一発目から先が思いやられた人は、さすが分かっていらっしゃる。









2.プレイヤー煽り説

Wii

「Wii(笑)動いてるってマジで?」

冥王煽ってきてます。
最初は皆Wiiでお前しばいたんやからな!
様々なプラットフォームで出来るようになったドラクエ10!
今度はプレステ4でもプレイ可能になるようです。
そんな中でもWiiはまだまだ現役。


3
Wii・・・

3





こいつムカツクな!
次!








3.冥王やめた説

さいこうに?

「WRYY最高にハイってやっだ!」


ほんと口あってんのかよ!?
思わずセルフつっこみしましたが大体、大体のニュアンスは合ってます。
皆様思い出してください。。。
どんなに熟練しても4割です。
逆に6割はノイズです。





ちょっとここらでもう一度口の動きをおさらいしましょう。
そこまで無茶はやっていないと分かると思います。君なら分かる。



4. 15の君へ説

エンジェルアキ

「はぃけい~このてっがみっいえ~」


うっ・・・頭が・・・ふすま・・・?







5. ネタが古い説

大丈夫か?

「イーノック(そんな装備で)だいじょうぶか?」




3

ネタとしてはもうさすがに大丈夫じゃないでしょう。
知らない方が多数派では。なぜ候補にした。
3年前の時点で既にかなり古い。
(と思いきや発売日は4年前でした。結構最近やな・・・)
ちなみに未プレイ。




6.稲葉説

Bz

「いぃーつまでも手を繋いで」


jpg
椅子を買った

いつかのメリークリスマスより。
ようやく正統派の事例が出てまいりました!
ちなみにALONEでも大体合います。
B’z優秀。



7.志村説

あいーん

「あいーん!だっふんだってか!」


「ってか!」とか入れたら何でもいけちゃうでしょうよ!




・・・・はい


キリがありませんがいかがでしたでしょうか?
個人的には冥王やめた説が追い詰められて変身という前後の流れから一番しっくりきてます。
隠したのも版権からの配慮として納得いきますしね!納得は何よりも優先される。

しかし読者様の中には、いやいや!と。
サワッチ何言ってんの?って思われる方もおられる筈!
まぁこの記事自体何言ってんの?って記事ですけど・・・




0.25倍速


jpg

素材おいておきます。
冥王は本当はこんな事を言っていると思われる方は
暇で暇で暇で仕方ない方は是非とも挑戦してみて下さい。
あと正解分かった方は教えてください・・・。

ちなみに上記の7件類推するのに延べで動画2時間くらい見てると思います。


よき冥王ライフを。



111
体が夏になる

はあい実は生きてます。
書かない、書かないと言われ続け
それすらも言われなくなった昨今、いやはや言われているうちが花とはよく言ったもんで全くもって書き方すら忘れています。


111
体が夏になる

まぁ何で書かなかったのかと言われますと言い訳ですけどリアルの方で色々ございまして・・・
そちらの方は機会があれば触れる事もあるとは思うんですが、
じゃあそれでドラクエにインする時間が減ってたんだね!
と言われますと毎日インしてたわけでまさしく言い訳にもなってない言い訳でございます。


じゃあ何でなんだよと・・・
本題にも繋がってくるんですが
最近はブログに書ける事をすることはできますが、
ブログに書ける事が起きない状態と言いますか・・・

わんさか更新してた頃は、もちろん自分からイベントなり、何らかの行動なりをしていましたが割合でいいますと3-40%くらい。
それ以外は何かしらの突発的な何かであったり、フレンドのイベントであったり、そういう配分です。




ドラゴンクエストⅩ 現状

111
(クリックで開発便りへ)
さてさて本題です。
運営便りが更新されました。
こちらを踏まえた上でドラゴンクエストⅩの現状について考えてみたいと思います。
今回もオール私感です。


Ver.3は本当にスカスカなのか?


111

実はこれを書いている段階で、未だVer3.0のストーリー終わってません。
本当普段あんた何やってんの?という話ではありますが、ストーリー周りで不足を感じていない、運営側の認識にとっては珍しい部類のプレーヤーなのかもしれません。
これだけプレーヤー側が強くなり、それをただストーリーを進める事を主とした(オンラインとしてではないドラゴンクエスト目的の)プレーヤーにも気を使うとなると、そこに全滅するかも?といったドキドキや冒険感を求める方が酷だと思っています。

111

もちろんそこに面白さがあれば満足度は大きく変わるとは思います。
Ver.1の頃、今でも思い出せるのが天魔クァバルナ怪蟲アラグネ
それまで従来のドラクエとしてプレイしても何の問題も無くクリアできていたボス戦でしたが真っ向から立ち塞がってきました。
わらっちゃう程強い。
今でも当時のレベルや装備、職業、パッシブの条件で初見で彼らに勝てるか?と聞かれたらかなり厳しいんでないかと思います。
ただ、そこはドラゴンクエストしてまして、ちゃんとレベルを上げて、装備を整えて、準備をすれば勝てる相手なんですよ。
そこらへんは従来のドラゴンクエストをうまいことオンラインで再現できてるなぁと。

当時はメタル系コインもなく(そもそも魔法の迷宮がない)レベル上げはフィールドオンリー。
PTを組んだらLV上げ効率が大体落ちるという今振り返ってもまじかよドラゴンクエストⅩな仕様で、PTがそれぞれその職業にあったLV上げポイントで武者修行し合流してボスを倒すという少年漫画のような状況になってました。

ドラゴンクエストの、ストーリーとかボス周りの楽しさって正直こういった部分だと思っています。
そしてさすがにそれを今から求めるのは、酷だと・・・。


ですので私が思うに足らないのはストーリーではなく「これ無理だろ」のコンテンツです。
挑戦がスカスカ。足りない。



本当に強敵が足らないのか?

111

そして出てくるこの強敵が足らないとの認識。
運営側の認識としてピラミッド9層や、強ボス、試練の門、おそらくネタバレ防止のため書いてはないものの例のボスなど・・・現段階で強い敵はいるとの前提で、そこから更に追加していくとのこと。
それに見合った報酬も考える、といった発言もあったようです。

これは本当その通りで、ただ単純に強い敵を皆で倒せば楽しいんですが、
報酬が次の挑戦や挑戦を楽にする事に繋がるような物でないと継続されないですしね。

一つだけ懸念点があるとすればその追加が「これ無理だろ」に出来るかどうかです。

上記の例でいうと天魔クァバルナは当時のラスボスよりも強かったわけで、次に追加された強ボスではそれが2体になりました。
今みたいにはじめは片方棒立ちとかもない、最初からフルスロットル。
あんなはっきりとした「これ無理だろ」もなかった。

当時はおもさの概念がなく盗賊と僧侶で何とか羽なしクァバルナの壁をスイッチして継続して、もう片方の羽が落ちる前に後方からメラミで削れるだけ削り(まず倒せない)、羽なし2体になったクァバルナの真ん中に立って壁を何とか継続して
―――とかやってたわけで「これ無理だろ」
(それでも実装当初にクリアする人はいた)

さすがにそんな「これ無理だろ」は望めないでしょうし、そこまでしてまで倒して得られる報酬は何だったらうれしいかが思いつかない。
スタートラインは全プレイヤーじゃなくて

 ・ レベルカンスト
 ・ 武器防具揃ってる
 ・ 従来のコンテンツは全てクリアできる


これ位のスタートラインからの「これ無理だろ」の追加+良報酬ができるか、なんですがこれが如何にも厳しいんでないかな・・・と。

恐らくこの報酬という部分がネックになりそんなうまい報酬を一部のプレイヤーのみが教授できるなんておかしい!となるのは明らかなわけで。
良い悪いについてはここでは言及しませんが。
ただ、運営側がそれを突っぱねられるとは思えないですし、だからといって報酬部分を削ってしまえばそれはそのままダークネビュラスになります。
戦いはするし楽しいけど1回クリアしてしまえば終わりです。

これまでに 「ピラミッドの第九霊廟」「強モードボス」「試練の門」「達人クエスト」など 強さが求められるものも追加をしてきました。

あらためて 強さを発揮できるコンテンツがもっとほしいと考えている方がいることを認識しました。
できる限り早く 挑戦しがいのある遊びをご用意したいと思っております。

運営便りの引用ですが、これらのコンテンツを強敵として認識し、これらと同等の強敵と報酬の追加なら・・・
日課や週課がより忙しくなった!という結果のみを生み出しそうで不安があります。
(既に去った方を呼び戻す起爆剤になれるかというと・・・)

 
追加すべきコンテンツとは



 ・ 継続的に挑戦できるもの(モチベーション)
 ・ 全プレイヤーのスタートラインが同一なもの



では、どんな追加コンテンツなら良いのか。
ここまでダラダラと書いてきてなんですが、結局は上記の2つの条件を満たさないと実現可能性も含めて厳しいのではと思います。


Ver.3の前情報として「新しい成長システム」というものがありました。
結果それは達人のオーブシステムであったわけですが、報酬としてはアクセや装備の比にならないパワーアップが見込め一時的に大きく盛り上がりました。
ただこれは昨今の緩和の流れから揃えようと思えばすぐに宝珠、石版が揃ってしまい、更に「宝珠がなければできない事」がないため鎮静化も早かったです。
現在なお大きく緩和され続けている「経験値」システムを引き継いだのも寿命を短くした原因かなと。

達人のオーブは継続性と、それを使っての挑戦の面で難があったと言えます。


続いて実装された「不思議の魔塔」
こちらは全員LV1、装備統一でスタートということで同一ラインの問題はクリア。
ここでの問題もまた挑戦と報酬で、恐らく「野良でもいける」ことを重視し、20Fまでで難易度は低めとなっております。
(何回か経験すれば、詰まる事はほぼない難易度)

報酬の面でも今まであった「カジノ」「ピラミッド」「王家の迷宮」とは異なり、完全に既存のものとなっておりました。

報酬部分に「新アクセ(札)」がくることが決定しておりますが
それを是非とも利用したい場所がコロシアム以外に用意できるか
また魔塔自体に挑戦を含めさせられるかがテコ入れの成否を分けると思います。

個人的にはこの魔塔のシステム、本当もったいないなと感じています。
オートマッチングでなく1人で進む用、PTで進む用で分けられたら・・・
難易度の面は解決できたのかもしれません。

完全に妄想ですが新規追加MAPも魔塔のシステムと同じく全員レベル1から・・・
オーブの成長はそのMAPでしか成し遂げられないとかでも良かったような気がします。
ストーリーでのドキドキ、挑戦、同一ラインからの成長全て盛り込めますし。

ただ、それはもうドラゴンクエストⅩの新システム・新コンテンツというよりは
別のゲームになってしまうと思われます。

 
他のゲームへの言及

111

というわけで人が減ったアストルティア。
正確に言えば周りの人が減ったアストルティア。
皆どこにいったかと言いますと他のゲームをしている方が散見されます。
多いのはスプラトゥーンやFF14ですかね。

実際問題私も出た結論が「リセットして1から継続して挑戦できるコンテンツ」という
もうそれ別のゲームだろというものでしたので
他ゲーへ行くのは至極当然な結果なのかなと思います。

今インしている人は
 ・ コロシアム大会にがっつり参戦している勢
 ・ ドラクエ好きでクリア後LV99に上げるのでも楽しい勢
 ・ フレンドとチャット勢

こんな感じかなあ・・・と。
徐々に3つ目の勢力も減りつつある、と。

ゲームの進捗は人それぞれなので普段ゲームに余り時間が取れない方や、はじめたばっかりの方など・・・
まだまだ周りのフレンドはインしてるし、やる事もいっぱいという方もおられると思います。
運営もそこに向けて力を割いていると考えています。

ただフレンドはプレイスタイルがある程度似通った人となる事が多く
自分がLV99を目指す「クリア後のドラゴンクエスト状態」になっていると
フレンドもその状態の方が多い・・・。
結果自分のフレンドでのインが少なくなる。

他ゲーでもDQのフレとそのまま遊んでいる方も多くいられます。
DQに是非とも追加して欲しいコンテンツの結論が「他ゲー」でしたので、ゲームとしての楽しさを追求すると、そういう選択肢もやはり取られる時期なのかなぁと思ったり。



ヨシマン辞めた

超長々と書いてきましたドラクエⅩの現状についての所感。
最終的にコレ。

BlogPaint

もう後から見返すと右手に包丁持ってる方が自然なレス送ってるんですが・・・
まぁーこれは冗談として、復帰は個々人の自由ですしどうなんでしょうかのう。
これに連鎖してポロちゃんもイン率激減。
なかなか寂しい状況。


結局はフレンド

ゲーム自体がどんな状況でもそれを楽しめるフレンドがインしてたら楽しいんですけどね。
無い物ねだりをしてもしょうがないので今インしている人で何かできたらなぁと思ってます。
イベントでもやりますかなぁ。




Ver.3が始まり様々なコンテンツが追加されました。
その華やかさ故、話題にされ難い追加コンテンツも中にはございます。


jpg
魔女グレイツェル強


強ボスとして追加された魔女グレイツェル強もその一つと言えます。
報酬はオーブ3つ。色は5色の中から1色ランダムで選ばれます。
ネルゲル強と同じですね。
旧強ボス3種ぶんと同じ報酬ですからね。
かなり好条件と思います。

ただ魔女グレイツェル強はVer.3の他のコンテンツに比べ些か地味である事の他に、今1つ流行らないハンデを抱えています。



jpg

それは報酬に見合わない強さであること

旧強ボスがサポでも、それこそ放置しても勝てるのに対し
魔女グレイツェル強はしっかり準備してもかなり手こずる・・・
それどころか4人PTでも普通に負けます。

  • 2Fから攻撃してくるリリパット、ねこ
  • 次々とトマトを生み出す窯
  • 生み出されたトマトのメガンテ
  • 窯を小突くと現れるハートボイルド
  • 状態異常が豊富な魔女
  • 追いつめられると3体に増える魔女(全て本体)

これだけ全て処理しなければなりません。
強さは他の強ボスの比ではないでしょう。

戦闘自体は非常に楽しい。
しっかり準備すれば倒せることもまた事実。
流行らないのはやはり報酬と見合ってないからだと思います。
そんな魔女。

「You!魔女いっちゃう!?join usしちゃう?」

台詞の細部は曖昧ですけど
こんな感じでフレンド:ジブラ(Zebra)からお誘いを受けました。
一人称はMe。
取引先にもMeっていうの?って突っ込まれて
「そんなわけないだろう」 と返す熱い男です。


「ちゃんハルが魔女はじめてなワケよ~」

どうやらフレンドのハルちゃんが
魔女攻略はじめてでクリアさせてあげたいとの事。
その熱い願い、しかと受け止めました。
快諾です。
ジブラもクリアしたことはありません。





jpg

バト、バト、魔法、僧侶

コロでも屈指の僧侶トモミも参戦。
攻撃寄りの布陣、やられる前にやれ。
先ほど報酬が見合わない程強いと書きましたが
勝てないというわけではありません。
しっかりとした構成、対策があれば
一定の苦労はするものの
負けることはまずありません。
負けました。



jpg

何回か挑戦するも、連敗を喫します。
そうして練った対策がこちら。




jpg

そう、掟破りの僧2構成です。
強敵やコインボス。
昔から絶対に負けられない戦いと言えば僧2でした。

魔(ハル)、バト(ジブラ)、僧(トモミ)、僧(私)



懸念点は、魔女は時間との戦いといった面もある事です。
敵が増える前に迅速に敵の数を減らしていかなければなりません。

そのためには
絶対に火力を足止めさせない事。
僧侶2枚の鉄板で攻撃役を死なせない事
この構成でクリアする上での絶対条件となります。









jpg
jpg

ああああ。

が、まだです。
討伐スピードにはかなりのビハインドですが
まだ間に合う。
ザオラルからの捨て身、そして天下む

3
jpg
ジブラあああああああああ

攻撃する前に床に伏すジブラ。
しかし諦めません。
ハルちゃんに、ハルちゃんに勝利を。
ジブラの戦いは始まったばかり。





3
jpg
じぶらあああああああああああ!!!


度重なる猛攻に為す術もなく散るジブラ。
ここでジブラすみっこに居れば死ににくい事を発見!

3

バトルマスタージブラ。
いのちだいじににサポでもここまで露骨な行動とらないぞ!




3
jpg
ZEBRAAAAAA!!!




3

すみっこにいても死ぬ。

それもその筈、倒す人がいないので際限なく敵が増えます。
結果端っこまで敵がやってきてジブラ、散る。





3
jpg

じぶううううううううう!

ここでアイデアマンジブラ。
新たな策を弄します。


3


そう 「すてみ」を使わない です。
「すてみ」を使わないことで無駄なターンを省き、
更に防御を下げない事で自らも死ににくなるという奇策。

3

バトルマスタージブラ。



3
jpg
jpg
ジブラ・・・


3

jpg
ポチ

すてみ有りと無しとじゃ殲滅スピードがだんちだからね!




3

巣に帰るジブラ。




3
jpg
jpg
ジブラああああああ!





jpg
jpg
jpg
じぶらあああああ!





jpg
jpg
jpg
じぶらあああああ!


jpg





jpg
jpg
jpg
ZEBRAAAAAAA!



jpg
jpg
jpg
jpg
ZEBRAAAAAAA!


jpg






jpg
jpg
jpg
jpg
ZEBRAAAAAAA!(ずぃぶら)








jpg

jpg

お前が倒すんかい!!!










jpg

こうしてハルのグレイツェル初討伐は無事敢行された。
人間為せば為る。
報酬はイエローオーブ3つでした。

割はやはり合わない。


お久しぶりですサワッチです。
連続更新1ヵ月が終わり月刊サワッチに戻りますと半ば冗談で言ってたんですが、
マジで前の更新から1ヵ月以上が過ぎてますいつだってlong time no seeってなもんで。



jpg

うおお!Ver.3きちゃいましたね。
あんだけ分かりづらいと思っていた宝珠システムも蓋を開けてみれば、
やっぱり分かりづらかったっすね。
ようやく慣れました。

煩雑なシステムにすら慣れるくらいに時は経過してはいるのですが
Ver.3に入ってから実はストーリーは全く進んでいません。
事前情報ではストーリーに一番力を入れている(だから他のコンテンツは若干薄くても許してねん)的なニュアンスが発表に含まれておりましたが、そのメインコンテンツをプレイしていない。


じゃあこの1ヵ月何やってたの?を振り返りますと

・試練の門
・王家の迷宮
・投資の失敗


週課、日課を除き
この3つを繰り返しやっておりました。


jpg


門を回す理由はゴールド稼ぎ+オーブの育成といった面もあるものの
やはり一番大きな理由は宝珠の収集だと思います。
光の「ひっさつ系宝珠」は門か迷宮でしかでないので
連続戦闘できる門が一番効率的です。
野良でPTを組んで積極的に参加するコンテンツはVer.1以来だと思います。

この1ヵ月全く更新してなかったわけですが
試練の門PTに入ると声をかけてくれる人が多く、
その度に「もうすぐ再開しま~す!」と言っておりましたが
すまん。



ほんますまん。

中にはPTを組んだ方のTVを後ろで見ていたお子さんが私を知っている、宜しくと伝えてくれと仰って頂いたプレイヤーさんもおりまして、お父様を介して
「もうすぐ再開しま~す!」
なんて言った事もございます。

すまん。
何とか再開しました!(月刊)


jpg

上述通り、試練の門でドロップする光の宝珠からは
各種ひっさつの閃きの宝珠というものが出ます。
効果は「行動する度(最大)2.5%でひっさつチャージ」というもの。

なあんだ2.5%かと数字だけ見れば思いますが、これが実際に使用してみると
これでもかという位チャージします。


jpg
一喝打ったら一喝チャージもザラ

それもその筈、2.5%って単純に40回に1回行動する度にチャージするんです。
アタッカー等で4秒に1回行動するとして平均160秒に追加で1回チャージします。

通常のひっさつチャージは5分(300秒)経たないと起こらない仕様を考えますと
宝珠をつけると通常分もあわせて3倍ひっさつチャージがくると言い替える事ができます。


閃き宝珠がついているかついていないかはシャア専用か否か位の違いがあるのです。(にわか)


というわけで各種職業のひっさつ閃き(それも2玉)が出るまで頑張りたいなぁ~なんて漠然と考えているわけですが、出た閃きはまだ3つ。全部3玉。先は長い。
あとひっさつには閃きとは別に極意という宝珠も存在します。
大抵はダメージをUPさせたり、効果をひきあげたりする有用な効果ですが
効果が杓子定規すぎるものも存在します。




jpg
縦割行政の弊害

Ver.3になって手に入れた宝珠で
この宝珠が今のところナンバーワンぬか喜び宝珠です。




本題

このまま王家の話や投資でえらい目にあった話とか
色々話たい事は多々あるんですが、今回の本題は違います。
頻繁に書かないから書きたい事が溜まってすぐ脱線しますね。

本日書きたいのはこちら
ドルバイク(棺桶ドルボ)について!
4月30日、Ver.3がはじまったと同時にスタートしましたこのキャンペーンは「お友達紹介チケット」でドルバイクなどドルボードの装飾品が貰えるといったもの。

休止している人、もしくは期間中に始めた人に紹介者として登録してもらうと「お友達紹介チケット」が貰えるという仕組みです。

jpg

ちなみにたまたま最近はじめた人を紹介者に仕立て上げるのは禁止事項となっております。
それ以外は概ね何でもOKです。
前回似たようなキャンペーンをした際に初期村に大量のキャンペーン狙いが発生したための配慮と思われます。


つまりGETするには

 ① 休止している人を探してキャンペーンに登録してもらう
 ② ガチで新しくはじめさす
 ③ 新しく自分でアカウントを作って紹介したことにする


大きく分けてこの3つになります。
そりゃあまぁ新しく始めるのは億劫ですし
休止している人にお願いして登録してもらう方が早いに決まってます。


ただドラクエを休止している人はそもそも何かしらの理由があって休止しています。
ドラクエ休止中も頻繁に連絡をとってて
「あ、そういえばこういうキャンペーンやってるんやけど登録してや~」
とか言えるような雰囲気ならいいですが、
それまで全然連絡もとってないのにキャンペーンが始まったからって
登録してくれって・・・ねえ?

というわけで①は頓挫しました。
正確にはひとり会社の同期で1人やってた奴(Ver1 ドラゴンクロー鍛冶赤字で引退)がいたんですが、そいつにお願いするとして

「え?・・・お前まだやってたん?」


ってなることは明白。
まだやってるどころかブログまで書いてるーえへへどっぷりとか言える感じではないです。
というわけで①は頓挫しました。


続きまして②です。
ガチフレを紹介して貰ったろうって作戦ですが
これが輪をかけてめんどくさい。

先般友人の結婚式に出席してきたんですが
とてもじゃないですがドラゴンクエスト10でキャンペーンやってるからねあのねとか言える感じではないです。
現実はキラキラマラソンしている間に意中の相手は待ってくれません。
というわけで②は頓挫しました。


そして俄然浮き出てくるプラン③。
自分でやって自分で紹介する。
自作自演、究極のエコ(エゴ)作戦を実行に移すしかあるまいとの結論に達しました。
結論に達してからはまぁ動かざる事山の如し。
何故なら相応にめんどくさい。

jpg

しかし、ここに来てそうも言ってられなくなりました。
キャンペーンの期限はなんと6月30日まで!
もう幾ばくも時間がございません。

というわけで重い腰を上げ
とっくの昔にブームも下火となったドルバイクゲットに乗り出したのです。
のりこめー!

ですので本日の記事は

ドルバイク欲しいっちゃ欲しいけど
流れとか貰いかたとか調べるのもめんどくさいし
紹介する人もいないしなー
でも30分位で貰えるならやってもいいかなー
基本めんどくさいけどなー


といった方を対象に
1からスマートにドルバイクをゲットするまでの流れを書き
ただそれをなぞるだけでいつの間にかドルバイクゲットできちゃってる!素敵!な感じの記事を書きたいと思います。
需要はたぶんない。

でもまぁ・・・期限ギリギリにならないとやらない人もいると思いますし・・・。

ちなみにここまでの駄文を最初から読んでくれている方は
これを読まずに最初からドルバイクをゲットしようと動いてたら全工程の1/3くらいは終わってると思います。

大丈夫追いつきます。


1.新しいアカウントを作る媒体を選ぶ

ドラゴンクエスト10は非常に多くの媒体でプレイできるようになっております。
WiiやPC版で2アカを作るような形で初めてもいいと思いますが
ここは出費はできるだけ抑えたいところ。

そこでオススメはdゲーム版
なんとdゲーム版でプレイすれば初回3時間はタダでプレイできちゃいます。
キャンペーンに応募するにはオフラインモードを終わらせる必要がありますので、この3時間の間にクリアしますと、実質的にタダでドルバイクをゲットできてしまいます!わお!

【スマートフォン】
AQUOS PHONE ZETA SH-02E
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
AQUOS PHONE ZETA SH-01F
AQUOS ZETA SH-04F
AQUOS ZETA SH-01G
SH-01F DRAGON QUEST
ARROWS X F-10D
ARROWS X F-02E
ARROWS NX F-06E
ARROWS NX F-01F
ARROWS NX F-05F
ARROWS NX F-02G
GALAXY S3 SC-06D
GALAXY Note2 SC-02E
GALAXY S3α SC-03E
GALAXY S4 SC-04E
GALAXY Note3 SC-01F
GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
GALAXY S5 SC-04F ※
Xperia AX SO-01E
Xperia Z SO-02E
Xperia A SO-04E
Xperia Z1 SO-01F
Xperia Z1f SO-02F
Xperia Z2 SO-03F
Xperia A2 SO-04F
Xperia Z3 SO-01G
Xperia Z3 Compact SO-02G

【タブレット】
dtab
dTab d-01G
ARROWS Tab F-02F
ARROWS Tab F-03G
Xperia Tablet Z SO-03E
AQUOS PAD SH-06F
Xperia Z2 Tablet SO-05F


ただし現在ここにある機種しかプレイできません。
特筆すべきはIphoneが対応していないこと。
dゲーム版ができないなら、お手軽なのは3DS版でしょうか。
dゲーム版以外はソフトを買わなければならないため、持っているハードと相談しましょう。


2.プレイ開始

さぁ!ここからは一気にクリアして
あっという間にドルバイクをゲットしたいと思います。

jpg

まずはゲームのインストール。
「ドラクエ10 dゲーム」で検索したら出てきました。
そして起動。

jpg

ちなみにゲームプレイには

LTEモードがないとつらいよ?
LTEモードいける?OK?こっから設定もできるよ!


とやけに親切に促してきますので
LTEにちゃんと繋がるかチェックとかもしましたが
実際にゲームをはじめる直前には

「え?Wifi環境ないの?え?まじ?オンラインだよ?うけるー」

みたいな事を急に言い出します。
はじめからWifi環境がある場所でプレイする事をそれはもう強く推奨します。

jpg

さてインストールが終わり、Wifi環境も整え
いざ冒険の場へ!
既にめんどくさくなってきている方もいらっしゃるでしょう。
わかるー(手ぱちぱち




jpg
長い







jpg
長い



jpg

ようやくここからオフラインモード突入です!
まだまだ無料時間はたっぷりあるのですが
如何に手短にドルバイクをゲットできるか?が趣旨です。
サクサクいきましょう。


jpg

ドルバイクをゲットする。
ただそのためだけに生まれてきた存在。どるばいこ(エテーネ妙齢)です。
さすがにここまで安直な名前。
被りまくりでしょうが、この際仕方ありません。
個性など二の次。
迅速にドルバイクをゲットするため名前で迷っている暇などないのです。




jpg
うせやん


3.オフラインモード


ここからオフラインモードに触れていきますので
まだドラゴンクエストを1回もプレイした事がなくオフラインモードのネタばれを回避したいという方は、ここから読むのをSTOPして頂き、普通にクリアする事をオススメします。
いや、そんな人おんのかって話なんですが
稀にですがこのブログ読んでドラクエはじめたって方もおられるようでして・・・





















jpg

まったく同じ顔の姉から声をかけられて
スタート怒涛のA連打。

dゲーム版は画面にコントローラーが出ます。
どこを押せばよいか分かり易くはなっていますが慣れるまで時間がかかります。
私は最後まで慣れませんでした。



jpg
のろのろ

たまにボタンを押す箇所がクリティカルすると走れるんですが
基本は歩きです。
急いで急いで。

ふつうは行けるとこ全部まわってからイベント進める派ではありますが
今回はわき目もふらずばあさんの所へいきます。徒歩で。

ここからはオフラインモードのクリアまでを箇条書きにしていきたいと思います。
当たった敵は全て倒しましたが、レベル上げは行っておりません。

 □もみがらと干しどくけしそうを村の北西の民家からとってくる
 □ばあさん宅に戻り兄弟をつれてこいと依頼される
 □村の外にでて道なりに進むと兄弟がいるので仲間に
 □村に戻り北の洞窟へいけと依頼。激強メガネ仲間に
 □絡んでくる敵を倒しながら敵へ(武器防具はかえなくて大丈夫)
 □途中のゴーレム強い(小瓶などはここで使って大丈夫)
 □絡んでくる敵を倒しながら洞窟でボス倒す
 □リレミトで外へ
 □村に戻りイベント
 □終了





jpg

何故か笑ってしまった一場面。
いや、全然笑える場面でないんですが。
急に高画質になって出てくる最初の場面がこれだからでしょうか。
味あるなぁこの人。





jpg

あと衝撃だったのがこのセリフ。
このセリフ元ネタちゃんとあったんか・・・。

ここまで写真撮って30~40分くらいです。



4.冒険者の広場に登録する



jpg

全編通してここがいっちゃんややこしかった。
いや、ややこしい事はないんですが
元々の概念として自分でスクエニ登録しなきゃダメだろうなーと
思っていたので先にスクエニアカウントをもう1個作ってたんですが
これだと上手くいきません。

必ずこの画像の画面から下の青いバーをクリックしてスクエニアカウントを作って下さい。

あらかじめ作っていたスクエニアカウントはどうやってもdゲーム版のIDとは結びつきません。
(=「お友達紹介チケット」はもらえません)

ここをクリックし「IDリンク」という形で
アカウントを作らないと意味なしですので注意しましょう。
ここで登録完了しますと晴れて冒険者の広場にインできるようになります。
(登録にはスクエニアカウントに登録してないメールアドレスが1つ必要です)


jpg

ログインしたら今度は上記のキャンペーン画像をクリックしましょう。



jpg

ここに紹介してくれた人(ドルバイクをゲットしたいキャラ)のIDとキャラ名を入力します。
これで晴れて「お友達紹介チケット」をゲットできます。



jpg

jpg

あとは郵便で受け取り、オルフェアにいる交換屋メリーポコから交換してもらうだけ!
夢のドルバイク生活がはじまります。
そこをどかせたい放題です。




jpg
どうみても道を譲る側の物体であるところのコレが





jpg
これに!

そこをどくいもむし~(そこをどくいもむし検索)をやりに早速いってきました。
腐るほどいたなぁと思ってたところにはキャタピラーがいたので本家はめんどくさくてまだいってません。




でですね。
まぁーー長い。
こんな記事の書き方してたら読む方もだれるってなもんです。
もうちょっと区切りましょう。

ひっさびさの更新で申し訳ないんですが、
こっから興味のない方にとっては全く興味のないこのブログのスタンスというかやり方についての雑記をしたいと思います。
ということでいったん綴じて、続きをよむ状態にしたいと思います。
興味のある方のみクリックして下さい。

なお、楽しい話ではないです。
ブログやめるとかでは全然ないんで読まなくて支障が出るものではございません。





そろそろ大部分の方が帰られたと思います。

ではではしょうもない独り言の部分です。

続きを読む



jpg

昨日20時よりイベント:真の僧侶のコロシアムを開催いたしました。
参加チームは全28チーム(112名)。
かなり特殊な条件にも関わらず
多くの方々に参加して頂けました。


jpg

開会の挨拶もそこそこにトーナメントを開始。
対戦相手はエクセルのランダム関数の並び替えで組み合わせを決定たしました。
5回(運がよければ4回)勝てば優勝です。
結果はブログ・ツイッター・白チャットでリアルタイムでも報告させて頂きました。


第一回戦結果

勝者は黄色に着色

jpg


第二回戦結果

勝者は緑に着色

jpg


第三回戦結果

勝者は青で着色

jpg

第四回戦結果

勝者は紫で着色

jpg


そして決勝戦


jpg

りぷとんさん チーム
ししゃもさん チーム

の対決となりました。
今回は通常のコロシアムと違い、装備も構成も全く同じ条件。
完全にその腕のみで上がってこられた方々です。
トーナメントですので1度負けたら終わりの勝負を、4度勝ち抜いて来られています。
運による要素は限りなく少ないでしょう・・・折り紙つきの実力です。




jpg

当初100万であった賞金はヨシマンの計らいで
+200万の合計300万になりました。
わあいわあい!
一人頭75万Gですね。
大金です。
まぁそれもトーナメントを制し、
その上で我々を倒したら・・・という条件です。

果たして優勝はどちらの手に!!






jpg

jpg

優勝はりぷとんさんチームでした!
おめでとうございます!
一体どれ程の強さなのか・・・
それはこの後すぐ分かります!

300万Gを賭けて、いざ勝負です!


こちらのチームの内訳は

<バト>

 ヨシマン
 ヤオ(ポロン)
 ししおう(モッコス)

<僧侶>

 サワッチ

の構成です。



jpg

jpg

ちなみにこのししおう。
前衛をする時に「たっぱが無いと操作しづらい」との理由から
コロシアムでバトルマスターをするためだけに生まれた生命体です。
モッコスが作成しまだ70時間。
ただバトルマスターはカンストし、今回は装備は統一ですので全く不利はついておりません。




jpg

作戦会議です。
ざっと説明しますと
 トドメを指してポイントを守る役に ヤオ(ポロン)。
 敵陣をひっかき回す役に ししおう(モッコス)。
 戦闘の流れによってどちらの役もできるようにしておくのが ヨシマン。



jpg

更にヨシマンは敵のアタッカー(こちらで言うししおう)に「MPブレイク」を使い、無力化する役割も担います。



jpg

jpg

バト3という構成から点の取り合いを想像されるかもしれませんが、なかなかどうして攻撃力の低さがかなり影響してきます。攻撃を合わせなければ落としきるのは難しい。
声かけ(チャット)はかなり大事です!


第1試合

jpg

試合開始です。
私は初手スクルトから・・・
後の祭りですが、ここはどう考えてもラピッドから入るべきでした。


jpg

スクルトを2回かけ終わる前にりぷとんチームの速攻です!
このままやられると主導権を完全に掌握されます。
死守したい!


jpg

ちなみに天下無双でもHPの約6割けずられるといった所。
スクルト2状態なら2回耐えます。
そしてこの状態ですので・・・


jpg

ビッグバンでケンさんにあっさり回収されました。
ビッグバン・フリーズブレードは若干攻撃力に左右されるものの最低ダメージ保証が比較的高い業ですので攻撃力、HPが落ちているこのルールでは、普段よりかなり強化されていると言えます。



jpg

体制を建て直し、いざ反撃という間で先ほど倒したりぷとんさんがもういます。
ザオはされていません。早い!


jpg

なんとかりぷとんさん、あらやんさんを落とし点差はこんな感じに!
ケンさんをなんとかヤオで落としたいところです。
さぁ行こうという所で先ほど倒したりぷとんさんがもういます。
早いんやってこのひとっw


jpg

3分の時点でこの点差。
ケンさんを落とせば一気に逆転ではありますが、そう甘くはないでしょう。
あらやんさんのMPを剥ぎにいく作戦に出ます。


jpg

ちまちまとMPを削っていき、後半1分半。勝負にでます。
まず僧侶を断ち、ケンさんを狙っていきます。


jpg

残り1分を切ったところでケンさんをヤオ(ホルダー)が落とす理想的な展開。
ただししおうのMPも0にされておりこちらの攻撃力も相当きわどい。


jpg

残り20秒!
りぷとんさんを落とせばザオをされても勝利ですが一番奥ですでに逃げ切り体制。
最後の攻防です。



jpg

jpg

jpg



jpg

スンヨンさんに壁をされ残り時間があとわずかに!
何とか回り込んだヤオが出の早い無心こうげきをするものの、間に合わず!

第1戦は
356 vs 444

りぷとんさんチームの勝利です!


第2試合

jpg

さて第2回戦!
装備を変えなくていいので丸々作戦タイムにあてられます。


jpg

結論:ビッグバンがめっさ強い
やでやで!

jpg

二の轍を踏まぬよう、ラピッドをしてからスクルトをかけます。
今回も向こうは速攻のようです!


jpg

開幕速攻きたらビッグバンで迎撃作戦がはまり、ヤオにポイントを持たせることに成功しました。
この時点でヤオは盾に持ち替えます。


jpg

が!
第2派がおっそろしく早いです!
第1試合で分かっていたことですが、戦線復帰が違うゲームのように早い。
ヤオのポイントは維持しますが、ケンさんに持っていかれる状態となってしまいました。


jpg

残り3分で点数を持っていないアタッカー、りぷとんさんを無力化する作戦に移ります。
奇しくもこの時点でゲームメイキングは第1試合と全く同じに押し戻されました。


jpg

同時!
りぷとんさんとヨシマンが同時にMPブレイクに入ります!
互いが保持しているポイントも同じです。
総合ポイントで負けているだけに同じ戦略を取られると非常にマズい!


jpg

スティックで小突いてMP削りを加速させます。
今考えたら悪手ですね。
ポイントで負けてるのでここはMP作戦を捨てるべきだったかもしれません。


jpg

MPブレイク勢を置いて残りで攻勢をかけます。
全身全霊で僧侶スンヨンさんを倒し回復を断ちます。
ヤオが回りこんで挟み撃ちの形をとりました。


jpg

残り2分のところで逆転に成功!
スンヨンさんが復活し、ザオをしかけてくるところ2名のバトマスが前線に残りかく乱します。


jpg

ここで大きな誤算!
MPが底についているりぷとんさんが、ししおうのビッグバンにあわせて飛び込みました。
点差はないもののこれで振り出しに戻りました!


jpg

ゲームメークはまたしても第1試合と同じ!
残りワンプレイの場面でスンヨンさんが壁をするスタイルに移行しました。



jpg

jpg

最後の攻撃は成功せず!
確固撃破され・・・結果は大敗!

この時点で勝負が決しました!

りぷとんさんチーム!300万Gゲットです!
トーナメントから都合7連勝!
強さを堪能させて頂きました!
基礎のひとつひとつが無駄なく、最高のパフォーマンスを発揮してくる強さでした!



jpg

私から100万G、ヨシマンから200万Gが進呈されます!
本当におめでとうございます!


jpg

最後は真のバトルマスター、ジェイコフのアニキを囲んで記念撮影です!

コロシアム関連のイベントはじめてやってみましたが、まだまだテンポ良く運営できたと反省する場面が多かったです!装備と構成の統一ははっきりと腕がでて、更に今の「一発あてる&どうにかそれを耐える」コロシアムではない楽しみがありました。
是非とも再度挑戦したいなぁと思っております!
次はトーナメントから参加したい!

Verアップ直前のお忙しい中のご参加!
本当にありがとうございました!
くやしい!!
修行してまた帰ってまいります!



 ばなー
人気ブログランキングへ


このページのトップヘ