お久しぶりですサワッチです。
連続更新1ヵ月が終わり月刊サワッチに戻りますと半ば冗談で言ってたんですが、
マジで前の更新から1ヵ月以上が過ぎてますいつだってlong time no seeってなもんで。



jpg

うおお!Ver.3きちゃいましたね。
あんだけ分かりづらいと思っていた宝珠システムも蓋を開けてみれば、
やっぱり分かりづらかったっすね。
ようやく慣れました。

煩雑なシステムにすら慣れるくらいに時は経過してはいるのですが
Ver.3に入ってから実はストーリーは全く進んでいません。
事前情報ではストーリーに一番力を入れている(だから他のコンテンツは若干薄くても許してねん)的なニュアンスが発表に含まれておりましたが、そのメインコンテンツをプレイしていない。


じゃあこの1ヵ月何やってたの?を振り返りますと

・試練の門
・王家の迷宮
・投資の失敗


週課、日課を除き
この3つを繰り返しやっておりました。


jpg


門を回す理由はゴールド稼ぎ+オーブの育成といった面もあるものの
やはり一番大きな理由は宝珠の収集だと思います。
光の「ひっさつ系宝珠」は門か迷宮でしかでないので
連続戦闘できる門が一番効率的です。
野良でPTを組んで積極的に参加するコンテンツはVer.1以来だと思います。

この1ヵ月全く更新してなかったわけですが
試練の門PTに入ると声をかけてくれる人が多く、
その度に「もうすぐ再開しま~す!」と言っておりましたが
すまん。



ほんますまん。

中にはPTを組んだ方のTVを後ろで見ていたお子さんが私を知っている、宜しくと伝えてくれと仰って頂いたプレイヤーさんもおりまして、お父様を介して
「もうすぐ再開しま~す!」
なんて言った事もございます。

すまん。
何とか再開しました!(月刊)


jpg

上述通り、試練の門でドロップする光の宝珠からは
各種ひっさつの閃きの宝珠というものが出ます。
効果は「行動する度(最大)2.5%でひっさつチャージ」というもの。

なあんだ2.5%かと数字だけ見れば思いますが、これが実際に使用してみると
これでもかという位チャージします。


jpg
一喝打ったら一喝チャージもザラ

それもその筈、2.5%って単純に40回に1回行動する度にチャージするんです。
アタッカー等で4秒に1回行動するとして平均160秒に追加で1回チャージします。

通常のひっさつチャージは5分(300秒)経たないと起こらない仕様を考えますと
宝珠をつけると通常分もあわせて3倍ひっさつチャージがくると言い替える事ができます。


閃き宝珠がついているかついていないかはシャア専用か否か位の違いがあるのです。(にわか)


というわけで各種職業のひっさつ閃き(それも2玉)が出るまで頑張りたいなぁ~なんて漠然と考えているわけですが、出た閃きはまだ3つ。全部3玉。先は長い。
あとひっさつには閃きとは別に極意という宝珠も存在します。
大抵はダメージをUPさせたり、効果をひきあげたりする有用な効果ですが
効果が杓子定規すぎるものも存在します。




jpg
縦割行政の弊害

Ver.3になって手に入れた宝珠で
この宝珠が今のところナンバーワンぬか喜び宝珠です。




本題

このまま王家の話や投資でえらい目にあった話とか
色々話たい事は多々あるんですが、今回の本題は違います。
頻繁に書かないから書きたい事が溜まってすぐ脱線しますね。

本日書きたいのはこちら
ドルバイク(棺桶ドルボ)について!
4月30日、Ver.3がはじまったと同時にスタートしましたこのキャンペーンは「お友達紹介チケット」でドルバイクなどドルボードの装飾品が貰えるといったもの。

休止している人、もしくは期間中に始めた人に紹介者として登録してもらうと「お友達紹介チケット」が貰えるという仕組みです。

jpg

ちなみにたまたま最近はじめた人を紹介者に仕立て上げるのは禁止事項となっております。
それ以外は概ね何でもOKです。
前回似たようなキャンペーンをした際に初期村に大量のキャンペーン狙いが発生したための配慮と思われます。


つまりGETするには

 ① 休止している人を探してキャンペーンに登録してもらう
 ② ガチで新しくはじめさす
 ③ 新しく自分でアカウントを作って紹介したことにする


大きく分けてこの3つになります。
そりゃあまぁ新しく始めるのは億劫ですし
休止している人にお願いして登録してもらう方が早いに決まってます。


ただドラクエを休止している人はそもそも何かしらの理由があって休止しています。
ドラクエ休止中も頻繁に連絡をとってて
「あ、そういえばこういうキャンペーンやってるんやけど登録してや~」
とか言えるような雰囲気ならいいですが、
それまで全然連絡もとってないのにキャンペーンが始まったからって
登録してくれって・・・ねえ?

というわけで①は頓挫しました。
正確にはひとり会社の同期で1人やってた奴(Ver1 ドラゴンクロー鍛冶赤字で引退)がいたんですが、そいつにお願いするとして

「え?・・・お前まだやってたん?」


ってなることは明白。
まだやってるどころかブログまで書いてるーえへへどっぷりとか言える感じではないです。
というわけで①は頓挫しました。


続きまして②です。
ガチフレを紹介して貰ったろうって作戦ですが
これが輪をかけてめんどくさい。

先般友人の結婚式に出席してきたんですが
とてもじゃないですがドラゴンクエスト10でキャンペーンやってるからねあのねとか言える感じではないです。
現実はキラキラマラソンしている間に意中の相手は待ってくれません。
というわけで②は頓挫しました。


そして俄然浮き出てくるプラン③。
自分でやって自分で紹介する。
自作自演、究極のエコ(エゴ)作戦を実行に移すしかあるまいとの結論に達しました。
結論に達してからはまぁ動かざる事山の如し。
何故なら相応にめんどくさい。

jpg

しかし、ここに来てそうも言ってられなくなりました。
キャンペーンの期限はなんと6月30日まで!
もう幾ばくも時間がございません。

というわけで重い腰を上げ
とっくの昔にブームも下火となったドルバイクゲットに乗り出したのです。
のりこめー!

ですので本日の記事は

ドルバイク欲しいっちゃ欲しいけど
流れとか貰いかたとか調べるのもめんどくさいし
紹介する人もいないしなー
でも30分位で貰えるならやってもいいかなー
基本めんどくさいけどなー


といった方を対象に
1からスマートにドルバイクをゲットするまでの流れを書き
ただそれをなぞるだけでいつの間にかドルバイクゲットできちゃってる!素敵!な感じの記事を書きたいと思います。
需要はたぶんない。

でもまぁ・・・期限ギリギリにならないとやらない人もいると思いますし・・・。

ちなみにここまでの駄文を最初から読んでくれている方は
これを読まずに最初からドルバイクをゲットしようと動いてたら全工程の1/3くらいは終わってると思います。

大丈夫追いつきます。


1.新しいアカウントを作る媒体を選ぶ

ドラゴンクエスト10は非常に多くの媒体でプレイできるようになっております。
WiiやPC版で2アカを作るような形で初めてもいいと思いますが
ここは出費はできるだけ抑えたいところ。

そこでオススメはdゲーム版
なんとdゲーム版でプレイすれば初回3時間はタダでプレイできちゃいます。
キャンペーンに応募するにはオフラインモードを終わらせる必要がありますので、この3時間の間にクリアしますと、実質的にタダでドルバイクをゲットできてしまいます!わお!

【スマートフォン】
AQUOS PHONE ZETA SH-02E
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
AQUOS PHONE ZETA SH-01F
AQUOS ZETA SH-04F
AQUOS ZETA SH-01G
SH-01F DRAGON QUEST
ARROWS X F-10D
ARROWS X F-02E
ARROWS NX F-06E
ARROWS NX F-01F
ARROWS NX F-05F
ARROWS NX F-02G
GALAXY S3 SC-06D
GALAXY Note2 SC-02E
GALAXY S3α SC-03E
GALAXY S4 SC-04E
GALAXY Note3 SC-01F
GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
GALAXY S5 SC-04F ※
Xperia AX SO-01E
Xperia Z SO-02E
Xperia A SO-04E
Xperia Z1 SO-01F
Xperia Z1f SO-02F
Xperia Z2 SO-03F
Xperia A2 SO-04F
Xperia Z3 SO-01G
Xperia Z3 Compact SO-02G

【タブレット】
dtab
dTab d-01G
ARROWS Tab F-02F
ARROWS Tab F-03G
Xperia Tablet Z SO-03E
AQUOS PAD SH-06F
Xperia Z2 Tablet SO-05F


ただし現在ここにある機種しかプレイできません。
特筆すべきはIphoneが対応していないこと。
dゲーム版ができないなら、お手軽なのは3DS版でしょうか。
dゲーム版以外はソフトを買わなければならないため、持っているハードと相談しましょう。


2.プレイ開始

さぁ!ここからは一気にクリアして
あっという間にドルバイクをゲットしたいと思います。

jpg

まずはゲームのインストール。
「ドラクエ10 dゲーム」で検索したら出てきました。
そして起動。

jpg

ちなみにゲームプレイには

LTEモードがないとつらいよ?
LTEモードいける?OK?こっから設定もできるよ!


とやけに親切に促してきますので
LTEにちゃんと繋がるかチェックとかもしましたが
実際にゲームをはじめる直前には

「え?Wifi環境ないの?え?まじ?オンラインだよ?うけるー」

みたいな事を急に言い出します。
はじめからWifi環境がある場所でプレイする事をそれはもう強く推奨します。

jpg

さてインストールが終わり、Wifi環境も整え
いざ冒険の場へ!
既にめんどくさくなってきている方もいらっしゃるでしょう。
わかるー(手ぱちぱち




jpg
長い







jpg
長い



jpg

ようやくここからオフラインモード突入です!
まだまだ無料時間はたっぷりあるのですが
如何に手短にドルバイクをゲットできるか?が趣旨です。
サクサクいきましょう。


jpg

ドルバイクをゲットする。
ただそのためだけに生まれてきた存在。どるばいこ(エテーネ妙齢)です。
さすがにここまで安直な名前。
被りまくりでしょうが、この際仕方ありません。
個性など二の次。
迅速にドルバイクをゲットするため名前で迷っている暇などないのです。




jpg
うせやん


3.オフラインモード


ここからオフラインモードに触れていきますので
まだドラゴンクエストを1回もプレイした事がなくオフラインモードのネタばれを回避したいという方は、ここから読むのをSTOPして頂き、普通にクリアする事をオススメします。
いや、そんな人おんのかって話なんですが
稀にですがこのブログ読んでドラクエはじめたって方もおられるようでして・・・





















jpg

まったく同じ顔の姉から声をかけられて
スタート怒涛のA連打。

dゲーム版は画面にコントローラーが出ます。
どこを押せばよいか分かり易くはなっていますが慣れるまで時間がかかります。
私は最後まで慣れませんでした。



jpg
のろのろ

たまにボタンを押す箇所がクリティカルすると走れるんですが
基本は歩きです。
急いで急いで。

ふつうは行けるとこ全部まわってからイベント進める派ではありますが
今回はわき目もふらずばあさんの所へいきます。徒歩で。

ここからはオフラインモードのクリアまでを箇条書きにしていきたいと思います。
当たった敵は全て倒しましたが、レベル上げは行っておりません。

 □もみがらと干しどくけしそうを村の北西の民家からとってくる
 □ばあさん宅に戻り兄弟をつれてこいと依頼される
 □村の外にでて道なりに進むと兄弟がいるので仲間に
 □村に戻り北の洞窟へいけと依頼。激強メガネ仲間に
 □絡んでくる敵を倒しながら敵へ(武器防具はかえなくて大丈夫)
 □途中のゴーレム強い(小瓶などはここで使って大丈夫)
 □絡んでくる敵を倒しながら洞窟でボス倒す
 □リレミトで外へ
 □村に戻りイベント
 □終了





jpg

何故か笑ってしまった一場面。
いや、全然笑える場面でないんですが。
急に高画質になって出てくる最初の場面がこれだからでしょうか。
味あるなぁこの人。





jpg

あと衝撃だったのがこのセリフ。
このセリフ元ネタちゃんとあったんか・・・。

ここまで写真撮って30~40分くらいです。



4.冒険者の広場に登録する



jpg

全編通してここがいっちゃんややこしかった。
いや、ややこしい事はないんですが
元々の概念として自分でスクエニ登録しなきゃダメだろうなーと
思っていたので先にスクエニアカウントをもう1個作ってたんですが
これだと上手くいきません。

必ずこの画像の画面から下の青いバーをクリックしてスクエニアカウントを作って下さい。

あらかじめ作っていたスクエニアカウントはどうやってもdゲーム版のIDとは結びつきません。
(=「お友達紹介チケット」はもらえません)

ここをクリックし「IDリンク」という形で
アカウントを作らないと意味なしですので注意しましょう。
ここで登録完了しますと晴れて冒険者の広場にインできるようになります。
(登録にはスクエニアカウントに登録してないメールアドレスが1つ必要です)


jpg

ログインしたら今度は上記のキャンペーン画像をクリックしましょう。



jpg

ここに紹介してくれた人(ドルバイクをゲットしたいキャラ)のIDとキャラ名を入力します。
これで晴れて「お友達紹介チケット」をゲットできます。



jpg

jpg

あとは郵便で受け取り、オルフェアにいる交換屋メリーポコから交換してもらうだけ!
夢のドルバイク生活がはじまります。
そこをどかせたい放題です。




jpg
どうみても道を譲る側の物体であるところのコレが





jpg
これに!

そこをどくいもむし~(そこをどくいもむし検索)をやりに早速いってきました。
腐るほどいたなぁと思ってたところにはキャタピラーがいたので本家はめんどくさくてまだいってません。




でですね。
まぁーー長い。
こんな記事の書き方してたら読む方もだれるってなもんです。
もうちょっと区切りましょう。

ひっさびさの更新で申し訳ないんですが、
こっから興味のない方にとっては全く興味のないこのブログのスタンスというかやり方についての雑記をしたいと思います。
ということでいったん綴じて、続きをよむ状態にしたいと思います。
興味のある方のみクリックして下さい。

なお、楽しい話ではないです。
ブログやめるとかでは全然ないんで読まなくて支障が出るものではございません。





そろそろ大部分の方が帰られたと思います。

ではではしょうもない独り言の部分です。


まず最初にブログランキングから撤退いたします。
この記事を最後に本日いっぱいで姿を消そうと思います。

ここからはただ一個人の感想です。
これが正解だという気も正論だという気も全くありません。
今回はブロガーだとか影響力(そんなもんないと思ってますが)だとか
一切考慮しない、ただ思っていた事を中心に書きます。




撤退は昨日今日思いついたわけではなく、
更新していなかった間漠然と考えていました。
前回更新した記事でも少し触れておりました。

理由のひとつはまとめサイトの乱立です。
以前から存在はしていましたが、今は1~10位の半分はまとめサイト。
正直そこを目指してランキングを上げようというモチベーションはあがりません。

情報系とまとめサイトで固められたランキングは私の目には魅力的には映りません。
(念のため情報系の方を否定しているわけではありません)

とにかく上位を目指すための誤クリック狙いや、乱立する無駄なアンケートなどの雰囲気も好きになれません。
もちろん、そういう仕様としてブログランキング側が設定しているのですからアンケートを使用しないという選択肢をとるほうがおかしいと思います。
一度だけ「次の記事何読みたいか?」で使用してみましたが・・・結果はえらい目みました。

懐古する老人のような物言いをしますが、昔は切磋琢磨、純粋に面白いなぁと思うブログが大半に占められていたと思います。よし私も!という原動力になっておりました。
今はありません。

コメント欄にも変化が起こりました。
まぁこれは私が更新しないのも悪いっちゃ悪いんですが
変に攻撃的なんですよね。
具体的にいうと更新せずに8~12位あたりにいる時は毎日のようにランキングから抜けろ等の暴言を吐かれておりました。20位以下くらいになってさすがに無くなりました。
あまりに露骨で笑ってしまうでしょ。

そんなもんで折れてランキング撤退なんてのも癪なんで静観してたんですが
本日全くちがう所で「あぁ、もういいか・・・」となりまして
撤退する運びとなったわけです。

本日の午前中。
ランキング1位の方が「2位に落ちたくない」との趣旨の記事をUPいたしました。
その記事を読んで失望したわけではありません。
むしろ形振りかまわない、力を貸してくれと言わんばかりのその姿勢はかっこいいと思いました。
私は決してそういう事ができません。悪い意味でです。
読者ありきではありますが、そういう姿勢が取れる方というのは好きなんです。
過去にも「引退するから1位にしてくれ~!」とか・・・
「○○だから1位にしてくれ」系は昔からよくある事です。
それが「2位が嫌だから」とか「2位だとアフィリエイト(生活)が厳しくなるから」とかでも同じことです。

そして今回、それは功を奏し爆発的に票は延びました。
素晴らしいことだと思います。
かっこいい。混じりっけなしにね。
モチベーションも生まれていました。

ただ、それは夕方の追記によって瓦解しました。
票が延び切ったところで
「たくさんの読者さんがいることを忘れてました。
これからはもっともっと良い記事を書くからよろしくね!
2位の方も煽っちゃったみたいでメンゴメンゴ」(要約)と来たもんです。

形振りかまわずに押してくれ!という気概に心動かされた読者さんも多いはずです。
(逆にこの時点でひいている方も多いとは思いますが・・・)
ただ、そもそもあの記事で延びた票なんて、ほぼ全てそういった票でしょう。
他の理由ならとっくに押してますからね。

そういった事象、背景を全て無視しての夕方の追記。
それで延びた票を手に「あーあれね」ってな感じで

「たくさんの読者さんがいることを忘れてました。
これからはもっともっと良い記事を書くからよろしくね!
2位の方も煽っちゃったみたいでメンゴメンゴ」(要約)

これ。
はっきり言いますと心底気持ちが悪い。
それは・・・無えだろうが、さすがに。人として。
そう思うに至りました。
しゃあねえ!支えてやろうかという読者完無視での所業。
あーほんまにビジネスなんだなと。
完全に票を集めるための、ドラクエでなくても何でもいい、それこそ乱立するまとめサイトと同じメンタリティなんだなと。

綺麗事だろと思う方もいらっしゃる、大半がそう思われると思いますが・・・
昔のランキングはまさにそんな「楽しませる」「読者のため」・・・それが1番できているところが1位だった。
今はもうまるっきり違う。

ランキングに参加している方が全員そうではない事はもちろんわかっております。
ただ目標にすべき順位のところが・・・機械的に・・・誤クリックでも・・・票さえ集まれば・・・読者なんて使ってなんぼ。
そういうメンタリティのとこが大概なんだなと・・・突きつけられた感じです。

甘いんでしょうね。
もうずいぶん前からこんな感じなんでしょう。
あの幽々白書の「無修正のポルノを突きつける云々」の
今日まさにあんな感じでした。
例えが古い。

というわけで、そこを目指してランキングをあげるぞ~!とは思えなくなりました。
撤退します。
散々撤退を促してきたコメント欄の猛者に屈するような形にもなってしまいますが
まぁもう「1位」を目指すことが・・・
現、上位の体制の肯定となるようで、同じとこを目指しているような気になり
気持ちが悪くなった。
残念です。

あと、現2位の方を擁護するというわけでもありません。
念のため。
形振りかまわない姿勢は好きですが、さすがにドラクエと関係ない記事、お飾りだけのドラクエ記事のブログで順位を上げにくるのは昔からいる身としては面白くないですし、それがランキング的にOKなのかも分かっていません。
ひどいランキングになってしまったなと思ってます。

散々書き殴ってきて、全方位敵に回している気もしますが
ブログランキングには本当に感謝しております。
ここでしかあり得ない出会いは確かにありました。
今の私を取り巻くドラクエ環境の半分はここで培われたと思っております。

後足で泥をかけるようにいなくなる事が心残りです。


最後に一番大事な事を。
これは純粋にランキングに参加しているブログを否定するものではありません。
矛盾する物言いですが、上記はあくまで私見です。
これが正論なんてこれっぽっちも思っておりません。
ただの私見です。

ですので、私のこの記事を読んで
「じゃあ私もランキングや~めた!」
これだけは避けて頂きたくお願いいたします。

散々勝手いうて恐縮ではありますが、重ねて。
私の記事なんて関係ない、ただランキングは辞めるという事を引き止めるものでもありませんが。


次回からは普通の更新内容になります。
ランキングでは告知されません。
こんなんでもまだ読みたいという物好きな方がもしおられましたら
ブックマークなり、よろしくお願いいたします。
Twitterでは今まで通りの告知となります。


以上です

あーすっきりした。