おかね
よんでもきません


さて、現在アストルティアで遊ぶには、
何をするにも「お金」がかかると言われています。

装備は素材を大量に使う関係上高額ですし、
コインボスに行こうものならコイン代、
レベル上げをしようものならはぐメタ代と
何でもかんでも「お金」で買えてしまう
=「お金」が必要になってしまう。



それを揶揄し「カネトルティア」と呼称されることも多々あります。

このブログの副題にも「金策」とありますように
やはり金策はカテゴライズされるだけの重要性を秘めているように思えます。







否!

お金なんてなくたって「アストルティア」には楽しさで満ちている!
上記の「カネトルティア」論調と同じ数だけこのような反論もよく目にします。

お金のかからないプレイヤーイベントだってあるし、
フレとチャットしてるだけでも楽しい。
武器だって☆☆で十分な性能だし、
お金がなくたってレベル上げはできる。

といった具合です。



相撲
相撲()もお金かかりません


ただ、この論理は些か乱暴です。
お金がないといっているのは
コインにしろ、装備にしろ
何かしたい事があって、お金がないといっているのです。

そこへ相撲たのしいいいぃぃ!えひょおぉぉぉ!というても

「お、おう」

でしょう?
いや、楽しいけどね?相撲。
パンがないなら相撲をとればいいじゃないはさすがに乱暴だという話。



ではやっぱりお金が必要なのか。
アストルティアはやはりカネトルティアなのか。
Ver2.1後期現在。

答えはNoだと思っています。



おかね

クリックで大きくなります(ほんのり)


こちら大雑把に、
かなり大雑把に現在のコンテンツを9つに分類しました。
これ以外にも遊びはありますし、
進行具合によっては選べない項目もあると思います。
ただ、明確に「お金」を意識し始める頃には、
これらのほとんどが選択可能になっていると思います。

何が言いたいかと申しますと
この図に出ている要素、
実は全て

「お金」がいらないか、コンテンツで発生する「お金」のみで循環します


元から持っているお金を使ったり、
別途職人をしたりしなければならないということはありません。

下記、コンテンツごとに解説いたします。



ストーリー
 プレイ時間:数分~
 プレイ人数:1人~

おかね

まず最初にすべきはこちら。
ストーリーを進めます。
こちらを進めないと、今Verから非常においしいコンテンツとなった
真・災厄や各種強ボスなどに参加できません。
また、道中の宝箱にてカード(各コインボス)やオーブ、
ふくびき券などもありますので、こちらが最も根幹を担うコンテンツとなります。

 →カードが手に入ったら・・・「コインボス」の項目へ
 →ふくびき券が手に入ったら・・・「絆ふくびき」の項目へ



真・災厄
 プレイ時間:40分~60分
 プレイ人数:8人~

おかね

Ver2.1後期から非常においしいコンテンツとなりました真・災厄。
1日1回しかプレイできませんが、災厄の王までスキップでき、全工程1時間弱でクリアできます。
クリア報酬はふくびき券10枚とちいさなメダル5枚。
特訓ポイントは報酬も含めると120Pほど得られます。

8人集まったら、やっておきたいコンテンツ。
8人集めるまでがネックですので、集まるまでは
他のコンテンツなど並行してやるのがよいかと思います。

 →ふくびき券が手に入ったら・・・「絆ふくびき」の項目へ




絆ふくびき
 プレイ時間:30分ほど
 プレイ人数:8人~最大13人

おかね

  • 上記の真・災厄で10枚
  • 日課クエで最大5枚(現実的なのは2~3枚)
  • 迷宮で2~3枚
  • コロシアムで1~2枚
真災厄は別として
その他は全て回っても30~40分くらいでしょうか。
イベントクエストのリプレイ報酬としても定番ですね。

ふくびきをひくタイミングは真・災厄の王が終わったあとに
持ち寄りでひくと「スペシャルふくびき券」のチャンスもあり、お互いにメリットがあります。


 →ボスコイン、カードが手に入ったら・・・「コインボス」の項目へ
 →メタル系コインが手に入ったら・・・「レベル上げ」「特訓」の項目へ




討伐
 プレイ時間:40~50分ほど
 プレイ人数:1人~

おかね

討伐を購入して依頼をクリアすることで報酬を得ます。
メギストリスの1鯖で購入するのが一般的ですが、ある程度のものが自分のであるのならそれをやってしまってもいいかもしれません。

時間を40~50分ほどに設定していますが、こちらは40~50匹の依頼を行った際の時間を目安にしています。
報酬は購入金額を引いて大体20,000~25,000Gでしょうか。

こちらでメタスラ回し代に当てるもよし、割り勘コインボスにいくもよし、貯金に回すのもよしだと思います。

オススメはガートラントのサウルスロード。
1匹で特訓ポイントが2Pたまる上、ガートラントから出てすぐの位置にいるので狩りやすいです。
ただ、単体湧きが多いのでまもの使いのエモノよびができないと辛いかもしれません。

それ以外で高額でオススメなのはサーマリのフォレスドンやシエラのじごくのつかいが、湧きが多くストレスなく討伐可能だと思います。


ちなみに上記のような討伐を引いたら、メギストリスで販売することで☆☆☆成功品が変えるくらいの儲けを出すことも可能です。
ただし、けっして「楽に」ではないので向き不向きがあると思います。


(稼いだお金で)
 →ボスコイン、カードが手に入ったら・・・「コインボス」の項目へ
 →メタル系コインが手に入ったら・・・「レベル上げ」「特訓」の項目へ





強ボス
 プレイ時間:20分~
 プレイ人数:4人

おかね

相場の変動にも左右されてしまうのですが、
現在強ボス回りは良い特訓、良い金策に分類されます。

レンダーシアに新たに追加された強ボスはオーブ2個、特訓ポイント30P、高経験値ということがありませんので是非とも回りたいところ。
セレド、アラハギーロだと早ければ10分、20分で完了します。

次は高額の「グリーンオーブ」のとれる「天魔」「ロボ」、レッドオーブのとれる「オーレン」「姉妹」でしょうか。

これら上記の強ボスを回るだけで現在の相場だと約80,000Gになります。
もちろん全部回るには時間が足りなかったり、オーブがなかなかでない嵌り状態になってしまう場合もあるのですが、なかなか割りのいい金額が稼げます。


(稼いだお金で)
 →ボスコイン、カードが手に入ったら・・・「コインボス」の項目へ
 →メタル系コインが手に入ったら・・・「レベル上げ」「特訓」の項目へ





レベル上げ
 プレイ時間:30分~ほど
 プレイ人数:1人~

おかね

最近流行りのレベル上げを大別すると

 ・槍、斧装備可能職・・・真コニウェアでタコメット・マリン
 ・範囲攻撃、強化、回復可能職・・・エモノ呼びカバリアー
 ・魔法職、斧装備可能職・・・真ワルド水源、チョッピでバザックス
 ・スパスタ・・・ベストスマイル、回復要因で上記のいずれか

このような感じになると思います。

強ボスや真・災厄、ピラミッドなどでもついでで結構あがります。
あまりに低レベルだったりする場合はメタスラ、はぐメタ回しや、スペシャルふくびきで当たるメタキンのコインを持ち寄ってあげるのも手だと思います。

もちよりふくびきをしていたら結構たまりますし、
討伐やオーブで稼いだゴールドをここで使用してもいいと思います。

レベル上げがひと段落ついたら、レベル上げに回すお金はどんどん貯まっていくので、装備を買う資金にしましょう。




特訓
 プレイ時間:15分~
 プレイ人数:4人

特訓

特訓は前述の強ボスまわりや、真・災厄に参加できる職なら自然とたまってきます。

 ・レンダーシア強ボス・・・各30P
 ・真・災厄・・・累計で約120P

これらには回り辛い職や、120スキル、130スキルのために一気に稼ぎたい職がある場合はメタスラ特訓がオススメです。(メタスラ特訓記事




インボス
 プレイ時間:10分~
 プレイ人数:4人

おかね

最後にアクセサリーは「スペシャルふくびき」がきてから相当楽になった印象を受けます。
「アトラス、バズズ、ベリアル」はすぺしゃるふくびきで、
「ガイア、バラモス、ヒドラ」は通常のふくびきで当たったら参加するような形でも結構参加できます。
(ふくびき券の入手経路が格段に増えたため)

装備を買う資金を貯めているなどでなければ、討伐やオーブの儲けをここにつぎ込んでもいいかもしれません。





このように、いまのアストルティアでは一昔前の職人で大当たりしなければ☆☆☆装備もろくすっぽ買えないし、コインボスにいけないという状況ではなくなってきました。
それでも☆☆☆成功品は高いですが、1日に稼げるゴールドの総量が明らかに増加しましたし、レベル上げなど落ち着けば貯金も可能になってきていると思います。

☆☆☆はレベル80の人気武器ですら100万ほどで出品されています。
成功品もランプのものは少し高めですが、+数十万もほどで取引されるところまできています。
装備可能職が増えたことも大きいですね。




お金を使わず、コンテンツを楽しみ、
余ったお金を貯めて装備を買う。

アストルティアは「カネトルティア」から脱却してきていると感じます。




↓実家に帰省中ですが、トークンを忘れてインできない苦行中・・・

 ばなー
人気ブログランキングへ