Ver2.1後期から特訓ポイントが現状の1,500ポイント(SP5)から上限解放されました。
上限4,000や4,500という話はチラホラ出ていたのですが
蓋を開けてみると上限は3,000Pでした。


SP1=100
SP2=300
SP3=600
SP4=1,000
SP5=1,500
SP6=2,000
SP7=2,500
SP8=3,000

(ポイントは累計値)

当初の想定よりはかなり少なめのポイントに着地しました。
SP5以降は500PでSPを1取得できます。




が、しかし特訓はあくまで全レベル上げが終わった後の暇つぶし程度という認識が強く、事実私も特訓は意識して行ったことはありません。


特訓
有名なダークペルシャの討伐数

全く特訓に興味が無かったことがわかります。
しかも今回のアップデートで「LV80から見て、明らかに弱すぎる」という理由で特訓Targetから外されています。





今回の変更後も特に意識して特訓する予定は無かったのですが、
120スキルの解放で話は変わってきました。



特訓
クリックすると拡大されます(きもち)

こちらが最終的に私が目指そうとしているスキル振りです。
早々に「魔法使い」と「賢者」の運用を諦めました。
「魔結界」や「回復魔力」など、他の職でも有用なスキルは残し、
「攻撃魔力+10」×2と「MP+10」「MP+20」のパッシブを諦めています。

「魔法使い」と「賢者」を切っているので攻撃魔力減少の影響は限定的。
「MP」も最近では戦闘中に切れることも少なくなってきておりますし、小瓶はフレンドの誰かがふくびきで3等以上あてると、10本無料でプレゼントされるサービスが始まりましたしね。



特訓
ビョルンより先にコイツやで


それに付随して両手杖も外しました。
ここまでしてようやく他スキルを120に維持。
弓とブーメランのスイッチ可能。
鞭と短剣と扇のうち、どれか2つを選択できるスキル振りになってます。

更にマスタースキル10Pによって両手剣と片手剣のどちらかを120Pに、
道具使い、魔物使いも「なつき度」上げの際には、やりなおしの宝珠なしで振りなおせる様にしています。


もちろん、攻撃魔法を主軸とされているプレイヤーは選択できないですし、
これが正解というわけでもないのですが、
かなり応用がきくスキル振りになってます。
しかしこれ、よく見ていただけると分かるのですが


どうぐ使い と まもの使い 以外の特訓ポイントをカンストする必要があります。


遠い。
現在は片手剣を完全に諦めて体裁を保っていますが、
やはり片手剣はあればメチャクチャ便利なので、できれば超はやぶさ斬りまで欲しい。



ということで特訓に俄然やる気がでてきたのです。
この先130スキルも解放され、SPはあればある程いいですからね。
ようやく主題に帰ってきました。


------------------

前Verまでは特訓ポイントは1匹につき1Pでした。
その前は1戦闘につき1Pでしたので、前の状態でもかなり緩和されていたと言えます。
今回のVerでは更に敵の強さによって得られる特訓ポイントが変更になっています。
大体が元々得られる経験値に比例していますね。

  • 真・災厄の王 50P
  • 災厄の王 30P
  • レンダーシアの強ボス 30P

ここらへんは回っているだけでドンドン溜まっていきます。
真・災厄はクエストクリアで更に31P貰えますし。

ついでにではなく特訓を主体として動くなら
グリンバングル、イエロバングルがおいしいそうです。
時給にして300~400Pは貯まるとのこと。



しかし、アストルティアには更に超効率の特訓P稼ぎ方法が存在します。

時給にして何と1,200P!!

文字通り桁違いの特訓稼ぎの方法とは!?






特訓


メタスラ回しです。

またか、と。
どんだけメタスラ好きなのって話なんですが、
楽しいものは楽しいのでしょうがない。




特訓
討伐数も晴れて1位へ



しかし、特訓に関していうなればメタスラ回しはまさに破格
やり方は通常のメタスラ回しとほぼ変わりません。

  1. 迷宮に入り、各自メタスラのコインを台座に捧げます
  2. 隠し階まで進み「特訓元気玉」を使用します
  3. メタスラ&ボスを倒し1.へ戻る


このワンセットがだいたい10分くらい。
これを6回繰り返すことになります。




特訓
うまい!(特訓元気玉使用)






特訓
目終了(245P)


特訓
目終了(405P)


特訓
目終了(615P)


特訓
目終了(850P)


特訓
目終了(1,139P)


特訓
6周目終了(1,239P)


最終的に 0P → 1,239Pへ。
最後の週は特訓元気玉を使用していないので、
正しくは1,300程でしょうか。
メタスラは雑魚敵の中でも最高峰の1匹5Pの特訓ポイントが貰えます。



1シンボルで平均4~5匹。
約100P。
特訓元気玉で約200P。


道中の敵やボスでも得られますので、概ね時給にして1,200P程特訓ポイントが得られます。
「特訓元気玉」の3分はまさに隠し階のシステムに絶妙にマッチしてます。
ボスなどで使用するよりも、この使い方が群を抜いて効率的ですね。
ちなみに3分間で隠し階をクリアし、自殺コインでもう1周なども考えてみましたが、時間的に現状ほぼ不可能です。

構成はレンジャー(斧&ブーメラン)は入れておきたい。
フルパッシブ&ねこひげ、隠者、不意足装備で6~7割は不意をつけます。
ブーメランが3名いる組み合わせなら取り逃がす事はほぼありません。
なくても「ばくれつけん」があればそこそこの数を倒すことができます。





「でも、特訓にメタスラなんて・・・」

と考える方もおられるかもしれません。


しかし他の特訓がどう頑張っても1時間400Pほどですので、
特訓を主軸にするなら、メタスラで一気にあげて、余った時間を金策してる方が余程効率的と言えます。
しかも出にくくなったとはいえ「メタルのかけら」が1個でるだけで大幅な黒字。
トルネコ、ミネア、レアボス諸々黒字になるチャンスはごろごろ転がっているのです。
単純に作業としても、黙々同じ敵を倒しているより遥かに楽しい。

さらに「特訓元気玉」の仕様上、1周だけでやめても全く問題ありません。
普段の日課で迷宮に潜る時についでに出来てしまいます。


今流行りの「みちびきの香水」と併用して回すのもいいですね。
こちらも1時間で効果が切れるので小回りの効くメタスラ回しとの相性もかなりいいです。
いまだとスペシャルふくびきで流通量も上がっていますので、
「特訓しよう!」と思われている方は「みちびきメタスラ」は一考の余地ありだと思います。








特訓


当たれば。




↓21回連続小瓶&聖水でした

 ばなー
人気ブログランキングへ