まぁDQに限った話ではないのですけれども。
人によって得意分野とそうでない分野があります。
 

紙僧侶

例えば、私は極端にプレイヤースキルを要求される戦闘などは苦手です。
ついでに言えば僧侶もかなり苦手です。
 
逆に分析に基づいた攻略や前持って準備のできる作業は得意です。
事前に準備した武器や強さが重要なアタッカーや、
詰め将棋のような動きになるスパスタなどを好みます。
 



あぶくぜに

金策も投資やギャンブルよりは、
結晶化や地道な職人活動をする傾向にあります。
 

 
また、何を遊びの軸に置くかによっても、選択肢は幾ばくか変わってきます。
 




ええ!


私は人と遊ぶことを一番重視しています。
ボスにいったり、イベント事に参加したり、ただダラダラ話したりを遊びの軸としています。
 
逆にいうとLV上げや金策主体の活動をしているわけではありません。
いまだカンストはしたことはないですし、ゴールドがあり余っているわけでもありません。
(だからこそ効率のいい方法を考えたり調べたりを常にしているので記事を書くことができます)
 
ですので、コインボス等はよく行きますが、良い装備を揃えたりなどは厳しくなってきました。
 



もう少し安ならへん?


そうすると、自分のやりたいこととできることにギャップが生まれてくる事も往々にしてあります。
例えば魔法使いは事前に装備を整えることで優秀なアタッカーとなり、
私のプレイスタイルとマッチしております。しかし、武器だけでなく上下の装備が必要などかかる出費も相当なものになるので、諦めている状態です。
戦士も大好きで良くするのですが、師団長の良装備は結局手が出ませんでした。
金策したお金はコイン代>装備代となっているためです。


 
ぴんくて
ピンクて


私はかなりDQをする時間的余裕に恵まれている方だと思いますが、
それでもやはり全てを網羅することはできないため、
どこかで折り合いをつけなければならない場面は出てきます。
 

ただ矛盾するようですが 「私はコレしかしない」 っていうのもまた違うかなぁと。
苦手なことに挑戦し克服した時の達成感は好きなのです。
まぁそれに追いつめられるような形では、せっかくの遊びなのに辛いだけですし、結局どこかで疲れてしまって長く続かないと思います。
何事もバランスですね。
 
気楽にやりましょう。
 
 
長々と書きましたが
結論として
 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 

 
 
 
 
ブラクラ

 
私は、ふくびき向いてないという話です。
 



↓ポチっとして頂くとランキングが上昇いたします!もうオカルトも何も信じない。
 ばなー
人気ブログランキングへ