さて、先般実装されましたドラゴンガイアにいってまいりました!
現在(2013/07/07)のドラゴンガイアコインの価格は330,000G
ちょっとしたシステムキッチンが完成しそうなお値段です。
なかなか出せない金額ではありますが、
討伐報酬の大地の竜玉(その他アクセ:HP+25)は欲しい・・・。



こんにちは
こんにちは

さらに厄介なのがこのドラゴンガイアの性質。
防御力が高いためツメの攻撃がほとんど入りません。
それに加え、そこそこに重く、出の早い全体攻撃&ひるみがありますので専門の壁役が欲しい。
ツメ&強化する魔法戦士や旅芸人が同時に入る枠がないので自動的にツメさんさようなら。さらばメイン職。

以上を踏まえ、ドラゴンガイアを安定して討伐するためには
下記のような構成が考えられます。
  1. パラディン、戦士、賢者、僧侶
  2. パラディン(or戦士)、バトマス、賢者、僧侶
  3. パラディン(or戦士)、魔法使い、賢者、僧侶

我々は3の戦士、魔法使い、賢者、僧侶で向かうこととしました。


とはいえですね。
  • 戦士・・・壁をするには重さが足りない(パラも同様)
  • 魔法使い・・・量産型水の羽衣魔法使い
  • 賢者・・・LV43
  • 僧侶・・・(∩´∀`)∩
の私はできる職がありません。
いえね・・・。
こうなることはある程度予想できてました。
少なくとも災厄の王で壁役の需要は増えるんだろうなぁ・・・とは。

そこでVerUP前に先に足だけ錬金しておいたのです。

師団長のグリーブ☆☆☆未錬金 250,000G
今だと300,000Gほどでしょうか。
どちらにしろドラム式洗濯機が買えてしまうお値段です。
成功品は800,000~900,000Gほどする品。
これはもう自分でサクッと成功させちゃって、華々しく重戦士デビューさと思ってました。










しゃれおつ


超おしゃれ。
相場をみたら30,000Gくらいで取引されてました。
一瞬で素材合わせて約300,000Gが吹っ飛びました。
はじめの大成功が浮きまくってます。
この時点で私の目は明日を映さなくなりましたので
師団長装備からは撤退しておりました。

ですが現実問題プラチナ装備では重さが215くらいしかありません。
ドラゴンガイアと拮抗するには重さで250強(+ズッシード)は必要です。

もう一度挑戦するか・・・
しかし、次失敗すると肝心のドラゴンガイアに挑戦する金がなくなる・・・
はじめのうちはプラチナ装備でいっても何とかなるわ~
と開き直りそのまま向かおうとしました。
・・・が。


http://faceicon.dqx.jp/icon3/363/3633/36334/363345/363345912570.png
「あんなw友達やから誘うけどなっっっw通常なら絶対メンバーに入れへんメンツやなっっっw」


耳が痛い。
もげそう。


そこで私が選んだ方法は
超激安失敗品で師団長を揃えることにしました。
要は重さ250を超えればいいのです。



コスプレ師団長


師団長のかぶと☆ 5,000G
師団長のよろい上☆ 32,000G
師団長のよろい下☆ 8,000G
師団長のこて(無印) 18,000G
師団長のグリーブ☆☆☆ 30,000G(実質)

計 93,000G




おもさ



コスプレと揶揄されますが、実際の重さはセット効果も合わせて251。
ズッシードと合わせると十分ドラゴンガイアと拮抗できます。

参考:メインパラディンの人の反応。





いざ!

 
<基本情報>
ドラゴンガイア : 通常こうげき(必ず2回こうげき)、はげしいおたけび、もえさかる炎、竜眼


通常こうげきは必ず2回こうげきとなります。(ツメのように2撃目が少し弱くなります)
はげしいおたけびは闇のいなずまやジゴスパークと同様に密接していたら避ける事は非常に難しいです。
さらに当たるとしばらく動けなくなるので、壁が一人の時などは絶対に避けたい技です。
逆に言うと、これさえ避けれれば全滅はありません。
(後述しますが「ツッコミ」を利用した避け方を推奨します)

もえさかる炎はブレス軽減できます。また炎ですので竜のおまもりでも軽減できます。
対象者の回りにダメージなので巻き込まれないように一人で当たりましょう。
竜眼はしばらくの間、物理攻撃か魔法攻撃のどちらかを完全にシャットアウトする技です。
物理になった場合ゴールドフィンガーでも消せないため、賢者の零の洗礼が必要になってきます。




りゅう2



それでは各職の具体的な動きを書いていきます。
 
①<戦士(パラ)の動き>
開幕は壁をしつつ、ビッグシールド。(パラならヘビィチャージ)
いきなり突っ込むと開幕からはげしいおたけびだと当たってしまいますので、
少し距離をおいて止まりましょう。
ビッグシールド(ヘビィチャージ)が終わったらやいばくだき(ウェイトブレイク)に入ります。

後は壁をするくらいなのですが、壁をしつつだとどうしてもはげしいおたけびに当たってしまいがちです。
そこで、便利なのが「ツッコミ」避けです。
これはツッコミをすると対象者に高速で近寄っていく性質を利用したもので、
はげしいおたけびの字が見えてからでも100%避けられる優れものです。

やり方は簡単で「はげしいおたけび」の字が見えたら後衛にツッコミを入れるだけです。

タイミングはそこまでシビアではありませんが、とはいっても用意しておかないと難しいので
敵が自分を押し始めたら、こちらが2回行動した後、あらかじめツッコミ待機しておきましょう。
(タイミングが厳しいなと思ったら、自分が1回行動した後にツッコミ待機にうつりましょう。無理をする必要はないです)

ツッコミたいき

相撲をしながら、上の画像のような場面で止めておきます。
はげしいおたけびの字が見えたらツッコミ開始する事で100%避けられます。
それ以外は相撲を継続しておき、向こうが自分を押し始めたらこちらが2回行動して、ツッコミ待機の繰り返しになります。

たいあたりやキャンセルショットは失敗があるうえ、敵の行動を無駄うちさせれないので対ドラゴンガイア戦では避けてしまう方が得策と思われます。

パラディンと戦士の2択になりますが、パラディンは自らヘビィチャージができ、ウェイトブレイクやパラディンガードがあるのに対し、戦士にはやいばくだきがあります。
一長一短なので好みの方を入れましょう。

また、魔法使いのかわりに戦士とパラディンを両方入れる方法もあります。
安定さは増しますが、攻撃手段がほぼ賢者頼みなので討伐には時間がかかります。

 
(必要スペック)
  • HP120パッシブ
  • 重さ250以上
  • ツッコミ
  • やいばくだき
  • パラディンの証、ハンマースキル(パラディンの場合)
  • 竜のおまもりor大地の竜玉
 
 
②<魔法使いの動き>
開幕から、早読みの杖。
暴走魔方陣を引いておきましょう。
やいばくだきが2回入るまでは暴走ヘナトスで補助もありですが、こちらは中々入りません。
あとは覚醒メラミorメラゾーマで攻撃です。
ドラゴンガイアはマホトラが良く効くので、タゲが自分に向いていなければ回復で使用するのもありです。

 
(必要スペック)
  • HP120パッシブ
  • 魔力覚醒
  • ある程度の攻撃魔力
  • 水の羽衣(必須ではないです)
  • 竜のおまもりor大地の竜玉
 

 ③<賢者の動き>
開幕から、早読みの杖。
しんぴのさとりを行いましょう。
開幕は前衛が落ちることがありますので、蘇生を意識して動きましょう。
あとは随時回復やドルモーア等で攻撃を行います。
自分にタゲが向いてない時は壁補助ができると前衛は非常に楽になります。

また、ガイアが竜眼をしてきたら零の洗礼で無効化するのも大切な役割になります。
何でもこなせる分忙しい職ですが、賢者の良し悪しでドラゴンガイア戦は難易度が大きく変わりますので、やりがいのある職と言えます。

 
(必要スペック)
  • HP120パッシブ
  • ある程度の攻撃魔力、回復魔力
  • 零の洗礼
  • 竜のおまもりor大地の竜玉


④<僧侶の動き>
開幕は戦士にズッシード。(パラディンなら必要無しです)
このズッシードは優先順位が高いです。
あとは祈り&天使からの回復。
蘇生は賢者に任せてしまっていいかもしれません。
また敵の攻撃力が高いので補助としてスクルトを打っておきましょう。
壁が成立している間は楽ですが、抜かれるとガイア戦は崩れるのがめちゃくちゃ早いです。
そこから持ち直すためには、絶対にはげしいおたけびに当たらないことです。
賢者への回復&蘇生と前衛へのズッシードを優先しましょう。

 
(必要スペック)
  • HP120パッシブ
  • 祈り
  • 水の羽衣(必須ではない)
  • 竜のおまもりor大地の竜玉


さて討伐後はドキドキの宝箱タイム。
特にガイアは今高いので聖水は悶絶します。






悶絶1
悶絶





悶絶2
悶絶




 
良かった・・・
良かった・・・

運良く?3戦目でGETできました。
私もそうでしたが、師団長セットは高くて戦士、パラディンに距離を置いている方。
重要なのは重さですので、最低限の重さを確保できるなら基本性能の良い師団長セットはオススメですので、安く済ましてみるのも一考してみてはいかがでしょうか?('◇')ゞ




↓いつもポチっとありがとうございます。足の錬金はガチギャンブルなのでこちらはオススメはいたしません。
 ばなー