Ver1.4の公式情報が昨晩公開されましたね。
過去最大のアップデートといいますと、どうしてもコンテンツ面での充実を期待してしまいますが
どうやらこれはシステム面も含めて過去最大というニュアンスなのだと思います。

チャット、バザー、戦闘バランス、業者(RMT対応)etc...

話題に上がった問題点は全てメスを入れようという意気込みが確かに感じられます。
強ボスや迷宮コンテンツの追加ほどの華やかさはありませんが、
プレイすればするほど「変わったなぁ」と分かるバージョンになる気がいたします。
 
では、それぞれ新情報について、影響や先行きなどの考察を挟んでまとめていきます。
 

 

ストーリーの追加
こちらは誰もが無条件で参加できるわけではなく、既存ストーリーのクリアが前提となるようです。
「複数のクエストから成る」との記載がありますので受注条件に「ストーリーのクリア」が入ってくるものと思われます。
また、予兆クエストの受注もこれにて終了します。
これを書いている時点で@4つ残っています。
間に合うかのう・・・。
 


クエストの仕様変更
受注レベルや内容の変更など諸々ありますが
一番影響が大きいのは「リプレイは1日1回まで」でしょう。
これにより、報酬が良いクエストを回し続けるといった金策が出来なくなります。
(例:魔法使い職業クエスト2話 リプレイ報酬:やわらかウール<1,000G前後、所要時間5~6分>)

運営側としてはあくまでもまだクリアしてない人へのお手伝いの推奨でリプレイ報酬を良くしているといったスタンスなので、この変更はまぁ妥当なところと思います。
クエのクリアに戦闘が必要なものはリプレイ報酬もよくすると明言しており、これもお手伝い推奨にマッチしますね。



レベルの開放(LV64で受注可能)
受注場所はオルフェア
LV開放を最初に目指す方はここでログアウト推奨です。
今までの開放と異なり町が受注場所になっておりますので、石の登録は必須ではありません。
ちなみにクエの内容にもよるのですが、今回は新職追加がありませんので
今までよりも更に混雑することが予想されます。
 

モンスターの配置、出現数、行動パターン、獲得経験値の変更
現行の人気狩場は バザックス、イーター、ガルゴル、タコメット、プリン といった所でしょうか。
出現数を調整されれば、これは大きく変動する可能性があります。
前Verで迷宮のメタルスライムやキャッツコインなどで最大出現数に関する実験をしていたように思われますので、ここいらで一気に変更されるかもしれません。
通常フィールドでも4~匹出現するようになれば、かなり違ったアプローチでLV上げができますね。



えええ
とくぎの調整
【片手剣】ギガスラッシュの範囲拡大、消費MP15→12へ
【短剣】ヒュプノスハントの「ねむり」、「こんらん」時のダメージ強化
【棍】なぎはらいの範囲拡大・ダメージ強化
【ツメ】タイガークローダメージ弱化
【扇】おうぎのまいが範囲攻撃から4回の多段攻撃へ変更
【オノ】かぶとわりのダメージ・守備力低下確率強化、オノむそうのダメージ強化
【ハンマー】シールドブレイクのダメージ・守備力低下確率強化
【ブーメラン】デュアルカッター、バーニングバードのダメージ強化
【かくとう】ばくれつけんでの会心率を低下
【盾】ぼうぎょの消費MP2→1へ
【ゆうかん】やいばくだきのダメージ・攻撃力低下確率強化
【さとり】魔導の書の効果時間を延長

 
今回一番影響を与えるアップデートはこれでしょう。
ついにツメの弱体化がなされました。
物理攻撃=タイガークローの図式がなくなり、他の武器がその代わりを務められるかどうかですね。
かつてはこれが埋められず魔法使い一色になっていた時代がありました。
現状でも魔法攻撃はタイガークローに引けを取らない攻撃力ですが、タイガークローにくらべ使用頻度は格段に低いです。
これは魔法使いが弱いわけでなく、様々な原因があります。

(魔法PTがない理由)
 ・魔法戦士単体ではMP回復が追いつかず、またバイキルトとの相性が悪い
 ・ボスの攻撃力が高く、物理と比べタゲ管理がほぼ必須となる
 ・上記を解消するためのパラディン不足
 ・上記の諸々の条件に比べ物理PTに求められるのはツメ攻撃力のみ

 ・これらの延長線上でコインボスPTがツメ構成主流

特にMP回復が厄介でしたので「がぶのみ機能」の便利さによっては復権も十分にありえると思われます。
また賢者のひっさつがMPを30%ほど回復するので、魔法PTでは賢者の席が出てくるかもしれません。
(例:パラ、賢者、賢者、僧or賢者(回復魔力)など)
 
それに対し、物理は武器の持ち換え機能がどれだけ有効活用できるかによって構成が大きく変化すると思われます。
タイガークローが弱体化したとしても、武闘家の一喝はやはり他の追随を許さないほどに強いひっさつなので席がなくなる事はないと思います。
扇の攻撃力がどれくらい出せるのか、
また、弱体化したタイガークローと氷結乱撃のダメージ効率の差によっては、ツメをきって棍を取り出すのも十分ありえる選択肢だと思います。
 
ツメがなくなる事により、物理最大のダメージソースはバトルマスターの 両手剣天下無双 となります。
発動の遅さから中々選択肢に上がらなかったスキルですが、これからは十分採用に値してくるでしょう。
両手剣と片手剣のスイッチがスキルポイントの都合上難しくはありますが、両手剣1本に絞ったとしても狙う価値は十分にあると思います。
また、魔法職をすっぱり諦め、両手杖を片手剣に振れば上記の両立は可能ですので、
物理PT、魔法PTのどちらに軍配があがるかで、武器やスキルの選択が大きく分かれるVerとなりそうです。
 
 
多段攻撃の状態異常の修正
最初の一発にしか入らなくなるようです。
ルカニ・ヘナトスはもちろんのこと、麻痺や幻惑なども厳しくなります。
この流れも魔法PT復権への大きな後押しとなりそうです。
1つのVerまるまる稼動していたものを
不具合だから修正するという文言はちょいと物騒ですね。
現行不具合で成り立っている仕様は、あとどれくらいあるのでしょうか・・・。
 


依頼書クエスト
こちらバザーで売れるそうなので相場が安定するまではおもしろい金策になる可能性がありますね。
結晶や花の販売の時もそうでしたが、バザーで流せるものは後から考えると「あの時こうしていれば・・・」
必ず発生しますので、今回は「あの時」を見逃さないようにしたいです。
 
 
 
長くなりますので、続きは明日更新いたします('◇')ゞ




↓クリックして頂けるとランキングが上がりモチベ維持となります><よろしくお願いします。
  ばなー
人気ブログランキングへ