みなさんこんばんは!
ツメの考察記事で書いておりました
爪、爪、魔戦(杖)、僧侶で蜘蛛退治にいっておりますのでご紹介。


9ee66562.jpg

当時は爪になっていくんじゃないかな?程度の認識でしたが最近は上記の構成の方が魔法使い構成よりも主流になりつつあります。

理由は複数あり、まず第一に消費MPの差です。
魔法戦士が入れられることによりMP効率が雲泥の差です。

また、魔法戦士がツメと抜群に相性が良く、さらにピオリムも唱えられるため結果的に魔法+パラ構成よりも良タイム(2~4分代で回せます)を出しやすいのです。

さらに、盗賊を入れることにより若干の金策としても機能します。
盗み+ひっさつで225Gorイエローアイ(250G)or魔法のせいすい(500G)の内から2つ手に入り1回で700~1,250Gが手に入る計算です。
(これにより空いていない時間帯でしたら小瓶使用の選択肢も生まれます)

最後にアトラス、バズズの攻略がツメ中心というのも大きなバックボーンです。
ツメ使用者が爆発的に増え、当時はほぼ存在しなかったルカニ腕やヘナトス腕の良品が出てきています。

人口増加と流行りでPTを非常に組みやすいです。


4550ab3b.jpg

さて具体的な攻略に移ります。
といっても時計回りや難しい操作は必要ありません(若干僧侶が難しい程度です)。

①<ツメの動き(盗賊or武道家)>
基本は壁をしながらタイガー一択です。
からくり将軍から順番に倒していきましょう。
タイガーは基本キャンセルできませんので、蜘蛛への応援に対するロストアタックだけは注意しましょう。
(ひっさつは状況に応じて使用)

(必要スペック)
・HP100~120パッシブ
・ツメ攻撃力(高ければ高いほどいいですが、低くてもタイムに差が出るくらいです)
・ヘナトス腕、ルカニ腕(ヘナトス腕は僧侶さんの自信がない時に。ルカニはタイムに影響しますが、なくても大丈夫です。)
・その他=基本的に僧侶さんの腕次第で何とでもなったりします。裸でもいけます。敷居が非常に低いです。



②<魔法戦士(両手杖)の動き>
補助壁をしながら、爪にバイキルト→ピオリム。
早読みの杖からだとスムーズです。
後はひたすら杖でなぐる&ひっさつ&MPパサーです。
(どくけしや上やくそうなどあると補助も可能)

(必要スペック)
・MPパサー
・HP100パッシブ
・MP100(なくてもいけますが、ひっさつの回復量に大きな差がでます)
・その他=装備は杖の吸収率優先。その他は僧侶さんの腕次第です。裸でもいけます。MP100とると敷居が若干高くなります。



③<僧侶の動き>
序盤が山です。
まず祈りをして、爪のどちらかがダメージを受けていたら回復します。
隙を見て天使、マホトラのころもを挟み込みます。
前衛3人が盾を装備できないので、前衛全員縛りからの応援→トゲのパターンがあります。
糸対策としてキラキラポーン(スティック100:悪い効果を予防する)があれば便利です。
後はトゲに合わせてベホマラーなどは通常の蜘蛛と変わりません。

(必要スペック)
・HP100パッシブ
・祈り
・縛りガード盾
・キラキラポーン(なくてもいけますが、事故死亡率は大きくなります)



蜘蛛の最大HPは約15,700
最大攻撃力のツメ2人で攻撃すれば約20ターンで殲滅できます。
ルカニ、ピオリムを考慮すれば理論上は1分を切る事も可能です。

「ツメはとったけど・・・」と二の足を踏んでる方は是非とも1度上記構成で挑戦してみて下さい。
タイガー連発は爽快感あって楽しいですよ♪


ツメ貯金 55,000G (←45,000G) /600,000G

(職人稼ぎ 10,000G)
(サブ職人依頼 0G)
 狩りせななぁ・・・


<クリックして頂けたらブログ順位があがります。気が向いたらクリックよろしくお願いしますヘ(゚∀゚*)ノ>
ラゴンクエストX ブログランキングへ