酒場スタッフの独り言(DQ10 攻略、金策ブログ)

グレン2丁目雲上地区2番地での酒場運営日記 (プレイ日記、金策、強ボス、攻略などなど)


いやぁVer4.4楽しいですね!
バトルトリニティ!
ツートンカラー!
新装備!
ストーリーはプクランドのお話!

ストーリー毎回本当楽しいんですけど
更新のされ方はVer.3の頃と変わってないんですよね

 Ver3 導入→炎の領界→氷の領界→闇の領界→・・・
 Ver4 導入→オーグリード→ドワチャッカ→プクレット→・・・

個人的にですが没入感が違うのは
やはり慣れ親しんだVer.1ゆかりの地を冒険してるからでしょうか。

ただ今回の目玉はこれではありません!


0001 - コピー

タイトルバレしてますけど。
どのモンスターが転生するか全くわからなくなりました!

転生といえば、これですよこれ。
ストーリーも然ることながら、転生も原点回帰。
というわけで今回は、わからないなら予想して当てたろうやないか!という
恐らく誰も必要としていない転生を本気で当てにいく記事です。


転生の変遷

転生初実装
 ブラウニー(けもの系)
 アルミラージ(けもの系)
 マジカルハット(物質系)
 ケダモン(けもの系)
 じんめんじゅ(植物系)
 パペットロープ(物質系)
 しにがみきぞく(ゾンビ系)

Ver1.2実装
 ナスビナーラ(植物系)
 リリパット(怪人系)
 スライムナイト(スライム系)
 わらいぶくろ(物質系)
 くさった死体(ゾンビ系)
 ホースデビル(あくま系)
 キラーマシン(マシン系)
 
Ver1.3実装
 キラースコップ(けもの系)
 もみじこぞう(植物系)
 ピンクモーモン(あくま系)
 ドロヌーバ(エレメント系)
 スターキメラ(鳥系)
 シルバーデビル(あくま系)
 しにがみのきし(あくま系)
 
Ver1.4実装
 しましまキャット(けもの系)
 どくろあらい(けもの系)
 ガチャコッコ(マシン系)
 スマイルロック(物質系)
 ほねコウモリ(ゾンビ系)
 アモデウス(怪人系)
 セルゲイナス(あくま系)

Ver1.5前期
 シールドこぞう(怪人系)
 ドラゴンキッズ(ドラゴン系)
 シルバーマント(ゾンビ系)
 ウイングタイガー(けもの系)

Ver1.5中期
 ホイミスライム(スライム系)
 メーダクイン(虫系)
 デザートゴースト(けもの系)
 シュプリンガー(ドラゴン系)
 
Ver1.5後期
 スライムつむり(スライム系)
 スライムタワー(スライム系)
 ボーンファイター(ゾンビ系)

Ver2.1実装
 どろにんぎょう(物質系)
 ブラックマンティス(虫系)
 こんぶ大将(水系)
 オーガキング(怪人系)
 
Ver2.2実装
 マッシュスライム(スライム系)
 さまようよろい(物質系)
 エンタシスマン(物質系)
 ファンキードラゴ(ドラゴン系)

Ver2.3実装
 ベビーサタン(あくま系)
 ガネーシャエビル(けもの系)

Ver2.4実装
 フォンデュ(物質系)
 ホークマン(鳥系)
 ニードルマン(物質系)

Ver3.0実装
 ねこまどう(けもの系)
 やみしばり(物質系)
 
Ver3.1前期
 デビルアーマー(物質系)
 バトルレックス(ドラゴン系)

Ver3.1後期
 ドラキー(鳥系)
 たんすミミック(物質系)
 ガメゴンロード(ドラゴン系)

Ver3.2前期
 モコフル(植物系)*転生モンスター応募作品

Ver3.2後期
 なげきムーン(物質系)*転生モンスター応募作品

Ver3.3後期
 きりかぶこぞう(植物系)*転生モンスター応募作品

Ver3.4前期
 ジラフマスター(けもの系)

Ver3.5中期
 ドラゴスライム(スライム系)

Ver4.0実装
 アークデーモン(あくま系)

Ver4.1実装
 キラーパンサー(けもの系)*モンスターの書

Ver4.2実装
 ミステリードール(物質系)*モンスターの書

Ver4.3実装
 バーサーカー(怪人系)

Ver4.4実装
 ???


全68種 結構いますね・・・
今回あらたに69種類目が追加された形です。

内訳は以下の通り

物質(14体)
けもの(12体)
あくま(7体)
スライム(6体)
植物(5体)
ゾンビ(5体)
怪人(5体)
ドラゴン(5体)
鳥(3体)
マシン(2体)
虫(2体)
エレメント(1体)
水(1体)

思った以上に偏っていました。
そもそものモンスターの数が少ないなどの理由も考えられますが・・・
過去の傾向から判断できる事をまとめてみます。


同じ形のモンスターは選ばれていない

0001 - コピー

スライムナイトが選ばれているので、同じ形のメタルライダーは違うのではないか・・?
とか、そういうやつです。
運営がよっぽど裏をかいてこない限り、今回もこの傾向は継続されていると思われます。



過去の仲間モンスターは対象外?

Ver.4に入ってから転生モンスターが仲間モンスターの書を落とす役割を担っています。
今後もこのルールが適用されるのであれば、
過去人気だった仲間モンスターは対象から外れるのではないかと思います。
それに加え上記の考えから、同じ形をしたモンスターも除外できます。


★DQ5で仲間になるモンスターで
まだ仲間にならない・転生していないモンスター

ゴースト
ダンスニードル
おばけキャンドル
クックルー
はぐれメタル
キングスライム
スライムベホマズン
エリミネーター
アームライオン
ほのおのせんし
ブリザードマン
メッサーラ
アンクルホーン
ギガンテス
グレイトドラゴン
ソルジャーブル

★DQ6で仲間になるモンスターで
まだ仲間にならない・転生していないモンスター

ファーラット
テンツク
ボストロール
キラーマシン2
ランプのまおう


ここにあげたモンスター
および同じ形のモンスターではないのではと考えます。

運営がモンスターの書なんて関係ねえぜ!
キラパン、ミステリードールだけなんだぜ!ヒャッハー!

って考えなら前提から脆くも崩れ去る事になりますが・・・。
あと、既に仲間モンスターとして実装されているゴーレムなどは普通に転生する可能性残ってますね。



討伐対象のモンスターではない?

まぁ誰がこんなモンスター選ぶんだよってのも中にはいるんで一概には言えないんですが。
ただ他のモンスターよりは冒険者に倒されてる数は圧倒的に多く、転生がまだ発見されていない可能性は低いと思います。

【偽レンダ討伐】

アサシンブラッド
アックスドラゴン
ウイングタイガー
エルダードラゴン
オーガキング
カバリアー
ギガンテス
ギガントドラゴン
くものきょじん
ケツァルコアトルス
サウルスロード
シーザーレインボー
スカラベキング
ずしおうまる
スパイクヘッド
スライムベホマズン
トリカトラプス
ドラゴンゾンビ
なげきムーン
ヌーデビル
バザックス
バッファロン
バロンナイト
フォレストドラゴ
フラワーゾンビ
ブルサベージ
ブルーミンクス
ヘルクラッシャー
ヘルシーサー
ヘルジュラシック
ボストロール
ミイラ男
みずたまドラゴン
モヒカント
やつざきアニマル
リビングデッド
れんごくちょう


【真レンダ討伐】

アックスドラゴン
ウィングデビル
エビルトレント
エビルソーサラー
エメラルドーン
エリミネーター
エルダードラゴン
ガネーシャエビル
カバリアー
ギガントドラゴン
キラーデーモン
グリンバングル
イエロバングル
ゴードンヘッド
コサックシープ
こんぶ大将
サンダーシャウト
シーザーレインボー
しにがみのきし
シャドー
スターレミング
スカラベキング
ダークパンサー
ダークペルシャ
ツイストーチ
トリカトラプス
ドルマージュ
トロル
ネクロバルサ
ヒイラギどうじ
ヒッポキング
プークプック
ブラックチャック
ブランマトック
ブルファング
ベヒードス
ヘルカッチャ
ヘルジュラシック
ベルフェゴル
ボストロール
ホラービースト
ホロゴースト
マーズフェイス
まいまいテイル
マミー
ミステリピラー
ミニデーモン
めいふのばんにん
メッサーラ
ランプのまじん
レッドオーガ



フィールド金策、レベル上げモンスターではない?

ドルイド、ぶちスライム、ドラポヨロン・・・
最近のはやりの金策ですとはりつきあくま・・・
ここらへんはさすがに違うでしょう。

更にいうとVer.4の領域はいまだストーリーや領界討伐をしている方も多くいらっしゃるので、可能性は他より低いのではと思います。



虫系統ではない?

勘です。
サソリ、防衛軍ときて虫、虫が続いています。
その上、転生まで虫ではないのでは?というアレです。
いよいよオカルトじみてきました。



メジャーどころで攻めてくるのでは?

勘です。

アークデーモン(あくま系)
キラーパンサー(けもの系)
ミステリードール(物質系)
バーサーカー(怪人系)

バージョン4で実装されているのは1体ずつ。
それぞれがドラクエでも有名なモンスター達です。

「元が有名どころ」はいい線いってるのでは?
勘です。
そしてそれぞれがそこそこ強いです。
「強さもある程度ある」ものでは?
勘です。


結局のところ~~~?

0001 - コピー0001 - コピー0001 - コピー

0001 - コピー0001 - コピー0001 - コピー0001 - コピー


ズバリこの中にいる!!!
端からストーンマン、メタルドラゴン、まおうのかげ、テンタクルス、じごくのもんばん、じごくのつかい、おにこんぼう!!!



もし、当たってたら褒めてください!
外れてても「サワッチだっさ!」っつうくらいで許して下さいね!!




0001

しりとりがしたい僕。        
全く相手にしてくれない君。        

さて、イコプさん主催
第2回 能力者しりとりバトル に出場いたしました。
概要を説明いたしますと
皆それぞれ何らかの能力を設定してしりとりするだけです。


第1回も出場させて頂いてたのですが
正直、自分が何をされてどう倒されたかもわかっておらず
自分の死因を人のレポで知るという有様。



第1回の時は能力も冒頭のしりとりの流れから、思いつくままイコプに伝えて決めました。
いくつでもいいと言われたので
脳が動くまま能力を追加していく僕。


0001


0001

これ時間で追ってみると
本当途切れる事なく思いつくまま能力を登録していってます。
イコプさんの反応が心許なくなってきた所で終了です。


0001

まとめるとこのような能力になっております。        
こんだけ登録しとけば臨機応変。
縦横無尽の活躍で並み居る敵をバッタバタとって思うじゃん?

結果は第1試合。
第3のゲルニカは発動したものの        
それを反射されて敗北。
第1、第2、第4は発動すらしていません。


第2回 能力者しりとりバトルのお誘いがきたとき        
チャンスだと思いました。

できるだけわかりやすい能力を!
 

ドラゴンクエストは戦闘をしなければ経験値を得られないわけではありません。
何にでも経験値は転がっているものです。
過去の失敗から、未来の成功を掴み取る。
それがレベルアップというものなのです。



□第2回の能力を決める□

さてまずは能力名から。
第1回の能力名は 「ゲルニカ」 でした。
こちら言わずと知れたパブロ・ピカソの名画から拝借しております。






たった今、その名画を貼りつけようといたしましたが
絵関係はそのまま貼り付けると何らかの原因でものっそい怒られそうなので
自分で検索してみて下さい。名画です。

第2回の能力もゲルニカに関連付けたいなあと思い、
能力名は 「泣く女」 に決定いたしました。
こちらも言わずと知れたパブロ・ピカソの名画から拝借しております。

先ほどから何か通ぶってる感じで書いてますが
ピカソの絵は「ゲルニカ」「泣く女」しか知らないので自動的に決まりました。
もっというと第1回のゲルニカも、決めた直前にゲルニック将軍してたからです。



□裏能力者しりとりについて□

能力を決める大前提なのですが、
第2回能力者しりとりは参加希望者多数のため
あまりにもなトンデモ能力は予選で弾かれる仕様でした。

一例を挙げますと        


能力が発動したらランガーオ村に飛び宿屋に一泊
そこから本会場まで帰ってくる総タイムが3分を超えると
1人でレグナードに挑戦し、勝つまでしりとりに復帰できない能力

        

などは余裕で落選してました。
誰の能力かは想像にお任せしますが、プランの能力です。




0001
真ん中の奴が審判

こういった落選者の能力者をメインに据えた
 裏能力者しりとりバトル も別日に開催されたんでそっちも参加したんですが
参加者の誰もレポをあげない時点でどういったイベントかは察してください。



0001


ちなみにこの時、上記の糞みたいな能力を思いっきりくらってしまったんですが、くらってる間、脳に浮かぶは殺意のみです。


あまりにも無体な能力は誰も幸せにならない。

これも踏まえた上、慎重なさじ加減で能力を決めます。





「泣く女」その能力は!?□


・水に関係する能力        
・できるだけわかりやすい能力        

この2つは早々に決まりました。
わかりやすい能力という事で、目に見えて分かった方がいいかなー 
それならドレスアップで能力の状態を変えたらどうかなー

などと連想していき、最終的に決まったのがこちら        



0001

0001

イコプ談

過去の失敗から、未来の成功を掴み取る か・・・。        

ちなみに能力名が変わっているのは
能力の全容が完成した時にこっちの方が何となくいいかなぁと思ったからです。
ゲルニカから泣く女までのくだり一切いらないねえ。


能力作成時は日和ってシルクハットの色と設定してましたが
どうせだったら全身の方が分かりやすいだろうと
全身をドレスアップする事にいたしました。

問題はドレスアップ枠がもうカツカツという一点のみですが、
そこは私、社会のじんですので


0001

月々+216円の増加など意に介しません。
意に介しませんが、念のため
念のため妻に確認を取ったところ
許されませんよとのお言葉を頂戴いたしましたので
何とかひと月だけ、ひと月だけ枠を広げる事に成功いたしました。



□豆知識□

なんとドレスアップの位置を変えられるんですね。        
ドレスアップの枠を閉じる前に
しばらく着なかったり、超絶ダサいドレスアップだったり
と位置を変更する事で封印枠を有効利用できます。        


0001


0001


0001



□実戦!□

長いながい前置きが終わりました。
いよいよ実戦レポです。


0001

お相手はジュイさん。
「だれよりも優しい能力で癒し殺します」

過剰回復による壊死的な能力でしょうか。
この時点では能力の詳細は分かりません。
先行は私でしたので、ここは先手必勝!
せっかく用意した能力が発動する前に死ぬ事に異様なトラウマを覚えているのでいきなり能力を発動させて頂きます。        



0001


0001

能力発動!



0001

「りんご」は水分を含んでいますので発動!
ジュイさんは
赤い「ご」から始まる言葉に縛られました!
ちなみにこの縛りは私自身にも適用されます。



0001


分かりやすさから見た目依存の能力にいたしましたが
完全に裏目、表示数の関係上まったく観客に姿が届いておりませんでした。
発動するたびに観客席を回る事にいたします。



0001

ジュイさん「ご」からはじまる赤い言葉が出てきません。
そういう私も出てきません。
これ、ワンターンキルしてしまうのでは・・・。



能力が発動したらランガーオ村に飛び宿屋に一泊
そこから本会場まで帰ってくる総タイムが3分を超えると
1人でレグナードに挑戦し、勝つまでしりとりに復帰できない能力

脳裏に浮かぶはあの能力。

あまりにも無体な能力は誰も幸せにならない。

これで決まってしまっては・・・
あまりにも・・・あまりにもです。



0001

びびってやりなおしを提案する私        



0001

しかしここでジュイさんの能力が急に発動しました。
後から、わかったことですが、
発動条件は 誰かが体調を悪そうにしていること でした。


0001

能力名 おたんこナース。
能力は 相手は病名しか答えられない です。

私の能力は私も対象に含まれます。
つまりジュイさんが回答してしまうと

私は 赤い病名 を答えなければならなくなります。
皆さんもそうでしょうが私も思いました。
赤い病名って何?


0001

先ほどとは打って変わって、絶対にワンターンキルしなければならなくなりました。
いけ・・・!いけ・・・!
このままいけ!


0001

まぁある意味「赤」だけど・・・!




0001

0001

赤い「ご」から始まる言葉は未だ思いつきません。
審判からの無慈悲な残り5秒宣言。
勝った・・・!!

そう思った次の瞬間 ____





0001

赤いーー!
赤い「ご」で始まる言葉を返されました・・・。



0001

というわけで私は「赤い病名」を答えなければなりません・・・
赤い病名・・・
なんだ?
血?
吐血?
吐血は病気なの・・・?
ねぇ・・・。




0001


0001


などと考えていると
午後ティーストレートはどう考えても水分が含まれる言葉ですので
私の能力が発動してました。

0001

能力者自身が能力について完全に把握できてません。(伏線)

というわけで帽子の色は黄色に変わります。
黄色い病名について答えなければいけません。
事態はまったく好転していません。

黄色い「と」から始まる病名?
おうたん・・・?
とっても痛いおうたん?
形容詞は確かアウト・・・。

「と」・・・
「と」・・・・・・





0001

ワンちゃんあるかな・・・
いや、ギリギリまで考えよう・・・。

しかし無慈悲なカウントダウン・・・!!
俺は・・・
トイレいきたい病(小に全てを託さなければならないのか・・・!

ん?
トイレ・・・
小・・・尿・・・
糖尿・・・
糖尿病!!


0001


いけるやん!
勝った・・・!!!


0001

どや!













0001

まぁそりゃそうよね。        
病気に色はついてません。
貴様は詰んでいたのだ・・・初めから・・・!

ちなみに後で念のため確認いたしましたが        
「トイレいきたい病(小」も余裕でアウトでした。        



0001


結果は ___
第1回に続き、第2回も1回戦で散る結果となってしまいました。


0001



能力の相性に再び泣かされる結果となりました。
しかし、何にでも経験値は転がっているものです。
過去の失敗から、未来の成功を掴み取る。
        
第3回能力者しりとりバトル・・・        

その時を待ち、今はただ眠る・・・!!        














□おまけ□


0001



0001






0001





0001







0001






勝ってた。
(伏線回収)

      


考えたんすよ。
バトエンって何なのか。
りっきーは僕らに何を伝え、何を残したかったのか。

分かってる。
そんな事知りたいなんて人は1人もいないってことくらい。
皆さんが知りたいのは詰まる所・・・
バトエンどうやったら勝てるの?
これです。
ひゅー!欲しがりさんめ。

それでは超久々の攻略記事、はじまりはじまり。


1.バトエンってなぁに?

飛ばします。
ここらへんのチュートリアルは
ゲームにてバトエンのストーリーを進めると、自然と身に付きます。
今回はもうちょっと掘り下げた話をしたいと思います。
まだ始めていない諸君らはレンドア北の宿屋へGOだ!

ちなみに、理論とかはどうでもいい!
強いバトエンはどれなんだ!どれなんだよ!という方。
ひゅー!貪欲モンスター!
そういう方は 項目 7.具体的な強いバトエン例 にGOだ!




2.バトエンで勝つためには?

バトエンで勝つ。
いきなり直球ですが、実はいたってシンプル。

最後に立っていたものが勝ち です。

何体倒そうが、華麗なコンボを決めようがそれは勝利条件ではありません。

最後に立っている。
それだけが勝利条件です。
過程や・・・!方法なぞ・・・!どうでもいいのだァーー!
実際これを意識するかどうかで、勝率はかなり変わります。




3.強いバトエンの条件は?

先にも書きましたが、
最終目標は最後に立っている事です。
この事から、ステータスで何が一番大事か分かると思います。

001appt

これです。
攻撃より、素早さより、★、●より何より最初に見るべきは・・・HP


HPが高いモンスター
 グレイトドラゴン、アークデーモン、ボストロール、カイザードラゴン

HPが低いモンスター
 スライムつむり、パンドラボックス、アサシンエミュー、ホークブリザード、ひとつめピエロ、ドラゴンキッズ、ボーンバット
(例外)はぐれメタル

差は最大で70にもなります。
人気のアイテムである上やくそうでもHP30回復なのにです。

しかも上やくそうは自分で判断して使うのに対し、
はじめからHP70高いという事は、一番危ない時にオートで使ってくれるのと同義です。

サワお「よーっし!とどめだ!●に30ダメーj」
やすのり「あーwタンマタンマwとどめさされる前に上やくそう使うわーww」
サワお「えっ・・・?」
やすのり「固い事言うなってwwなwなwww」

サワお「わ、わかったよ・・・あ!また●に30ダメージ!こんどこそ」
やすのり「あぁーwタンマタンマwもっかいwwもっかいだけww上やくそうwww」
サワお「待ってよ!いくらなんでも・・・」
やすのり「これが最後だからさwwwなぁ~頼むよ!一生のwおwねwがwい」
サワお「これが・・・これが最後だからね!」



サワお「よし!正真正銘!これで
やすのり「つwきwのwめwぐwみww」



001appt

ダイレクトアタック案件ですよ。
上記は極端だとしても、端的にHP70の差はこういう事です。




4.防御は攻撃の3倍大事

何度も書きますが、バトエンの勝ち=生き残りです。
ですので、攻撃よりも防御面が優先されます。

攻撃1回するごとに3回攻撃されます。
その中で生き残るにはバトエンの性能もそうですが、
立ち回りでもいくつか意識するべき事柄があります。



001appt

例えばこの場面。
自分が●にチェンジアタックを使えば、2匹倒せる場面ですね。
更にバサラーナにもダメージが期待できます。
チャーーンス!
ここでゴーレムに交換してトドメさしちゃお~~っと★

これが一番陥りやすいです。
●の敵がピンチということは
皆●に対して攻撃の意識が向くということです。
そこであえて自分が貴重なチェンジを使ってまでトドメをさす必要は全くありません。
更に自分が●に交換してしまうと巻き添えまで食らってしまいます。
全くいい事がありません。

交換しないか、ピンチの敵のマークとは逆のマークに交換しましょう。
その結果●がピンチなのに、★にチェンジアタックする事になっても問題ありません。


交換は攻撃ではなく防御に使うこと




5.デスファイナルアタックを読む

前項で交換は防御につかうと書きましたが
★や●の攻撃範囲以外にも
実は具体的なタイミングがあります。

それは 誰かが早い段階でピンチになった時 です。

他の人が余力ばっちりの時に、自分は最後の1体。HPもわずか。
こうなると人は「あー勝てないな、、最後に爪痕残そっと♪」
10人中、9人くらいはこの思考になります。

この爪痕とは、具体的にいうとアイテムの使用です。
パワフルステーキなどの攻撃アップ系アイテムを惜しみなく使用してきます。
このタイミングを読み、交換で避ける事ができれば大きなアドバンテージとなります。

誰かが最後のモンスターになったら、できるだけその攻撃範囲を避けるようにバトエンを交換しましょう。
もはや相手は交換できないので、攻撃が当たらないモンスターならその相手には無敵です。

最後の1本が何か分かってる場合は、1本になるタイミングで交換すると、いたちの最後っぺをより安全に避ける事ができます。
また、クライマックスの1ターン目でも同様の事が言え、HPの低いバトエンに交換して敵の本気をスカしていきたい所です。

このように防御に専念した交換だけでも

 ・★と●の攻撃が少ない方への交換
 ・1人目の最後の1本
 ・2人目の最後の1本
 ・クライマックス1ターン目


とタイミングは数多くあります。
攻撃に交換を使えるタイミングはほぼないと考えていていいでしょう。



6.アタッカー

さて、散々バトエンは防御、HPが大事と謳ってきましたが
最後の1人には自分でトドメを刺さなければならないのも事実。

「攻撃が得意」なバトエンをアタッカーとして1本だけ忍ばせておくのもアリです。
ここでいう「攻撃が得意」とは、ずばりクライマックス時に強いということです。


001appt

こういった、軽い全体攻撃が主体のモンスターはアタッカーとして不適切です。
一撃が大きく、更に完全なミスが少ない・・・つまりパワーアップ系のアイテムと相性のよいバトエンが適切と言えます。

また素早さもクライマックスバトル時には重要になってきます。
先にアイテムを使った渾身の一撃を当てて、ゲームを終わらせましょう。



7.具体的な強いバトエン例

さて、具体的にどのバトエンが強いのか。
ここでは壁役、アタッカー役に分けて個別に見ていこうと思います。
ここで紹介していなくても強いバトエンはありますので
あくまで参考までに。


壁役

001appt
ゴーレム
HPは140と、TOPクラスの150、160と差があるものの
一度、メルキドの秘宝を発動できれば、圧倒的な HP200! 抜群の壁となります。
全くダメージを与えられない相手もおらず、全ての敵にプレッシャーを与えつつ
自らは死なない立ち回りができるという、まず間違いない1本。
こいつがいる所為で、アークデーモンやひくいどりなど優秀なのにいまいち日の目が当たらない●マークは数多い。
デメリットである攻撃時の眠りは、ターン中誰かの攻撃を受ければ
即、バトエンを振った事にできるといったもので、素早さ1のこいつには影響は見た目以上に少ないです。
唯一の弱点は、クライマックスで若干弱いということくらいか。


001appt
カイザードラゴン
HPは最高クラスの150。更に、素早さ5以下の相手の攻撃を1/6で無効化できます。
強いは強いのですが、●に攻撃してくる素早さ5以下の、強バトエンといえばまさしくゴーレムであり
対ゴーレムに使うには若干リスキーという痒いところに微妙に手が届かない存在。
こいつを入れるなら先にゴーレムが入るかな。
2匹目のゴーレムとしてなら!


001appt
バサラーナ
HPは100とかなり低い部類ではあるのですが、特筆すべきはチェンジアタックのカウンターです。
次にすばやさ8以下の物理攻撃がくる事が濃厚な場合は
チェンジアタックでいなす事で、実質的にHPの低さを補う事ができます。
が、貴重な交換権を1回つかって、HPが高いバトエンとようやく並ぶだけともいえます。
できれば2発以上はカウンターを取れる場面で交換したいところ。
お手軽に見えてかなり玄人向けのバトエンです。


001appt

001appt
グレイトドラゴン

HPは全バトエン中最大の160。★なので、ゴーレムとマークが被らないのも好評化です。
攻撃はブレスの準備で2回に1回しかできない事があるのが最大のネック。
息を吸ったタイミングで相手が★に強いモンスターに交換してきた場合
無理して息を吐かずに、思い切って交換してしまいましょう。
あくまで、壁が第一の役目です。



001appt
しにがみきぞく
HP130。決して高い方とは言えませんが、すばやさ11から繰り出す盾ガードが非常に強力で
大抵のバトエンの攻撃を1/6で無効化します。
すばやさが非常に高いためクライマックスでのアタッカーとしてもそこそこの戦いができますが
攻撃が複数攻撃と呪文が混ざってしまっているため
バトルステーキ、マジックスープ、ラブチョコのどれとも相性が悪いです。
またこいつは超優秀アタッカーのあらくれチャッピーと攻撃範囲が被ってしまっている事も悲劇。
よく言えばいぶし銀。悪く言えば器用貧乏。


001appt
ボストロール
HPは最高クラスの150。能力はまさにゴーレムを狩るために作られたとしか思えない性能。
ゴーレムは超優秀バトエンのため、4人中誰も使っていないという事はほぼありません。
ただ、いかにゴーレムキラーといえど役目としてはあくまで壁です。
★への攻撃が薄い場面で交換し、ゴーレムがいればラッキー位の運用の仕方で十分です。
ゴーレムへの攻撃のためだけに、貴重な交換権1回を使用しないように注意しましょう。



アタッカー役


001appt
あらくれチャッピー
HPは120と平均的なものの、すばやさ11は全バトエントップクラス。
(すばやさ12以上のバトエンは はぐれメタル、アサシンエミュー、キラージャックのみ)
バトルステーキと非常に相性がよく、5/6で効果が発揮でき
なおかつ、1/3で即死級の攻撃が放てるのでクライマックスのこいつは手がつけられない強さになります。
壁役でクライマックスまで耐え、こいつで一掃するといったプランが強いので
できるだけクライマックス前にこいつを出さないように心がけましょう。



001appt
プリズニャン
HPは120、その他の攻撃はあらくれチャッピーとかなり似ています。
バトルステーキとの相性が抜群で1/2で即死級の攻撃が放て、爆発力はあらくれチャッピーより上です。
その最大のネックはすばやさ7で、クライマックスで一掃するには心もとない数字です。
クライマックスにいく前だと、こちらの方が攻撃対象が広いので戦いやすく、
早期決着のゲームはこちらの方が強い。
あらくれチャッピーとどちらを採用するかは、好みや構成次第といえます。


001appt

001appt
アサシンエミュー

HPは90とはぐれメタルを除き、全バトエン中最も低く、採用するだけでリスキーな存在となります。
ただそのリスキーはお互い様で、こいつと対峙した相手は常に運ゲーを余儀なくされます。
チェンジアタックでは1/6で誰かがやられるので凶悪ではありますが、
貴重な交換権を防御のためでなく、攻撃で使用してしまうことになりあまりオススメの戦法とはいえません。
最後まで立っていたものが勝者のこのゲームで、即死が誰かに当たったとしても、当たってない人が一番得をする状況になるからです。
特筆すべきはクライマックス時の強さで
すばやさ12ははぐれメタルを除き、全バトエン中最速。
幻惑が強力で、ほとんどの攻撃をミスにできますので、実質もう1回ふる効果といっても過言ではありません。
1/3で20ダメージを与えつつもう1回攻撃、1/9で全員即死といった、運さえよければこいつが間違いなく最強のバトエンとなります。
ゲームが荒れるのは大体こいつが原因。
クライマックスで効果的に運用されるこいつは、うまいなぁと思うのですが
ゲーム途中、無作為に出てくるこいつは、ただ嫌だなぁと思います。本当嫌だなぁ。


おまけ:★と●とっちが強いの?

★と●で優劣はほぼない・・・!
と言いたい所ですが・・・

001appt

あまりにもこいつが強すぎる・・・
試合で、誰もこいつを採用していないという事はまずありません。
つまり●を採用するといっただけで、ある程度の不利は織り込まなければならないということです。



8.さいごに

いかがでしたでしょうか。
個人的には●壁+★壁+アタッカーが一番バランスの良い構成だと思っておりますが
それだけが正解ではありません。
全て壁の構成も面白いですし、とにかくはぐれメタルを生かす構成も存在します。
アイテムは上やくそうが生き残る上では鉄板ですが、
残る一つはアタッカーとの相性次第です。


001appt

Ver4.3から新しくバトエンが7種類追加されます。
基本の考え方は上記で紹介したとおり、まず見るべきはHP。
若葉の精霊には超期待しております。

001appt

001appt

11月には公式の試合もやってきます!
はじめるなら!強くなるなら正に今!

さぁ!皆さんもLet’sバトルエンゲージ!!







001appt
(優勝しました)

実は記事の大半は先週くらいに書き終わってたんですが
昨日、フレのバトエン大会があったため封印していました。

バトエンは戦う前からはじまっています。
敵に塩を送らない・・・!

このページのトップヘ